18期定期大会開催〜2013都議選に向かって、新たな体制でスタート

「大事なことは市民が決める」 まち実現へ

 3月3日(土)ベルサール西新宿で東京・生活者ネットワーク第18回定期大会が開催されました。活動総括や活動方針など活発に議論され、2013年の都議会議員選挙に向けて「市民の議席」を確保するため全力で取り組むことが確認されました。さらに、大会特別議案として、2013年都議会議員選挙の候補者として、西崎光子(世田谷・現職)山内れい子(北多摩二区・現職)星ひろ子(昭島・現職)の3人の擁立を決定しました。
 役員体制では3代表が西崎光子、池座俊子、大西由紀子(山口文江が退任)、事務局長は渋谷恵美子(中村映子が退任)になりました。
最後に、大会宣言が採択され、「大事なことは市民が決める」まちの実現に向け、新たなスタートをきりました。