政策発表集会「地域から政治を変えよう」

生活の中の実感からつくり上げた市民政策実現のために全力で取り組もう!

1月22日、品川区立中小企業センターに、おおぜいの支援者・関係者・近隣の方々を集めて2011年統一地方選挙政策発表集会〜地域から政治を変えよう!〜が開かれました。

第1部では、都市計画家であり、まちづくりプランナーの林 泰義さんをお招きし、これまで手掛けてきた、世田谷玉川まちづくりハウスなどにおける市民参加のまちづくりの事例を紹介していただきました。
第2部では、生活者ネットワークが区民の皆さまの声を集めて作った8項目17細目の「政策」が発表され、参加された皆さんから激励のメッセージをいただきました。
統一地方選候補予定者の小林けさみからは「多様な個性をもった市民一人一人がまちづくりに参加し、行動できるしくみをつくり、品川をもっと素敵にしたい」井上八重子からは「品川区政を開かれた自治体政府に変えていきます」と区政に臨む二人の決意が述べられました。

現職議員として私は小林けさみへとバトンを渡しローテーションに取り組みます。
この日、多くの激励をいただき、生活者ネットワークこそが果たさなければならない役割を改めてしっかり胸に刻みました。
4年の議員活動を経験する中で、議員を職業化・特権化し、市民感覚から遠のいた人が少なくないことに驚き、議会が多様な意見をたたかわせ、合意形成により一つの結論を導き出す場になっているのか疑問も感じました。首長・行政のチェック機関であり、区政の決定の場である議会が、議員同士が議論をし、市民に役立つ機関として再生することが求められています。
生活の中の実感からつくり上げた市民政策実現のために全力で取り組みます。<いちかわ・かずこ>

添付ファイル

新成人のみなさんおめでとうございます

社会の仕組みや政治に働きかける手段はいろいろあるはず、あきらめないでネ

井上八重子(左)と小林けさみ(右)
井上八重子(左)と小林けさみ(右)
1月10日、品川区立総合区民会館で品川区成人式記念式典が開催されました。今年の元旦を20歳で迎えた品川区の新成人は、2,593人。会場にほど近い大井町駅前で井上八重子、小林けさみとともに生活者ネットの政治をアピールするため街頭に立ちました。

「私個人の力では政府の決定に影響を与えられない」と思う高校生は日本は8割を超す。この比率が4〜5割の、米国、中国、韓国と比べるとあきらめの意識の強さが目立つ・・・
今朝、目にした新聞にこんな記事がありました。街頭で活動報告・政策ちらしを配っても20歳代の若い方たちが手にしてくれる確率は本当に低いと感じます。

若者の低投票率は各地の選挙管理委員会でも問題になってます。
私たち普通の市民が社会の仕組みや政治に意思を示し、働きかける手段や方法はさまざまあると思いますが、一番大きいものは選挙ではないでしょうか。今年は統一地方選挙がある年。最も身近な暮らしに影響を与える選挙です。是非、この選挙をしっかり見つめ、これを通して、社会の仕組みを知り、あるべき社会を考えて、一票の権利を行使してほしいと、まぶしいばかりに若さに満ち溢れる姿を見てそう思いました。<いちかわ・かずこ>

リサイクルをすすめればごみは減るのか??

3Rから2Rへ、「容器包装リサイクル法」の改正への署名活動を取り組んでいます

11月24日、生活クラブの皆さんと大井町駅前で署名を呼びかけました
11月24日、生活クラブの皆さんと大井町駅前で署名を呼びかけました
生活者ネットは生活クラブ生協と協力して、3年後に予定される「容器包装リサイクル法」の改正に向け国会と区議会あての請願署名活動に取り組んでいます。

容リ法の中に、事業者がリサイクル費用を負担する「拡大生産者責任」を位置づけるべき、というのがこの請願の主な内容です。

現在、リサイクル経費の事業者負担は再商品化費用のみで全体の15%にしか当たりません。残り85%が自治体に押し付けられることになっています。最も経費がかかる分別収集・運搬、選別・保管が自治体の役割となっています。リサイクルに熱心に取り組む自治体ほど、その財政負担が重くのしかかることになります。
品川区では、資源物中間処理事業費だけでも2億〜3億円という経費がかかっています。

今のままでは、事業者はリサイクル費用を圧縮するための努力をしようとせず大量生産をさらにすすめ、容器包装ごみが減るどころか事務者に都合のよい容器を増やすなどして、大量消費・大量廃棄の連鎖が続くことになります。

1995年に容リ法が制定されて以来、「リデユース」…ごみを出さない 「リユース」…繰り返し使う 「リサイクル」…資源として再利用する のいわゆる3Rは定着し出来ましたがいっこうにごみが減る気配はありません。
この3Rからリサイクルを外してしまおうという提案をしています。リデュース、リユースの「2R」こそすすめよう、というわけです。

「リサイクル費用を上乗せした商品価格設定にする」ということになり、消費者側からすれば値上げと受け取られがちですが、大量消費・大量廃棄の連鎖断ち切るためには、消費者にも心構えが求められるのではないでしょうか。<いちかわ・かずこ>

2010年第3回定例会報告

尖閣諸島事件における政府の対応に対する関する意見書へは反対

自民、公明、共産が提出者となり、「尖閣諸島事件における中国漁船と海上保安庁巡視船衝突事件における政府の対応に関する意見書」を総理、外務、国土交通の各大臣、官房長官、沖縄・北方対策大臣、検事総長あてに出すという議員提出議案が今定例会の最終日に上程され、生活者ネットは反対しましたが、賛成多数で採択されました。
品川区議会からの意見書の内容は、
①尖閣諸島が日本固有の領土であることを国内外に明確に示せ
②事件のビデオを公開し、事実を国民に説明せよ
③毅然とした外交姿勢を持ち、再発防止策を講じよ
というものです。

当初から、メディアも政府の対応を非難する傾向でしたので、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、全国の地方議会で政府の対応を批判する議員提出の意見書が相次いで採択されているようです。

日中間の摩擦を起こしたことは確かです。しかし、日本政府は一貫して日本固有の領土であることを示してきましたし、侵犯行為に対しては厳正に対処するのは法治国家として当然のことであり、すでに流出されたビデオによって国民の大多数は事実を知っていると考えられます。ここで改めて特段の措置を講ずる必要を感じられません。
冷静に事態を納めなければならない時に対立をより深めることにつながるような意見書はどうかと思います。

「意見書の提出は全会派一致が原則であるが、それが出来ない場合は議会運営員会における過半数の賛成を持って本会議に提出できる」と議会・委員会運営に関する申し合せ事項には書かれています。しかし、原則はあくまでも全会一致です。但し書きが横行してしまっては議会の多数派の意見でなんでもと通ってしまうことになり、民主的な議会運営とはいえないと思います。<いちかわ・かずこ>

あつーい夏を乗り切った「ネットのゴーヤのカーテン」はまだまだ元気!

2階の網戸を占領したゴーヤ
2階の網戸を占領したゴーヤ
とにかく今年の夏は暑かった・・・
月平均気温は全国的にかなり高く、北・東・西日本では、1946年の地域平均の統計開始以来第1位の高温となりました。また、全国の77地点で8月の月平均気温の高い記録を更新しました。など、「暑さ」の話題は事欠くことがありませんでした。

その暑さを乗り切ったせいか? 5月に苗を植えた「ネットのゴーヤ」はグングン成長し、ここまでは成長するなと予想をして張ったネットの高さをはるか超え、2階の大家さんのお宅の網戸も占領してしまいました。
肌寒さを感じるようになった10月中旬になっても緑の葉を茂らせ、見事な実もつけるというタフさを見せてくれています。
ゴーヤのカーテンに取り組み3年目。近所の方も楽しみにしてくれています。

地球環境への負荷は、世界の人口の増加・都市への集中化・エネルギーを大量消費する生活などにより増加の一途をたどっています。緑を育て、水循環を取りもどし、エネルギー消費・CO2などの温暖化物質・廃棄物の削減をすすめる政策の実現で、自然との共生社会をつくることが必要です。

私たち人間は問題をつくりだした原因であると同時に、事態を好転させていく主役にもなれるということをネットゴーヤは教えてくれているようです。<いちかわ・かずこ>

小林けさみ、惜敗!

〜市民のための市民による政治を取り戻そう!〜

10月3日、品川区議会議院の補欠選挙が区長選と同時に行われ、生活者ネットワークが擁立した小林けさみは、5,810票、9人中6位で当選に至りませんでした。

品川・生活者ネットワークは、補欠選挙に取り組むのは初めてのことでした。定数2に対して9人が立候補した今回の選挙に対し、東京・生活者ネットワーク全体の支援を受けて選挙活動を展開しました。

選挙カーで政策を訴えに回っていると選挙を知らない人がたくさんいらっしゃいました。候補者の政策を知る手掛かりとなる選挙公報が投票日前日に配達されたという話も聞きました。期日前投票が認知されてきた今日、公報の遅配は問題です。

有権者数296,897人、投票者数94,279人。投票率は31,75%と低く、政治へ関心を持たない市民がいかに多いかを突きつけられました。私たちは政治に無関心な人、失望している人に声を十分届けられなかったことをしっかりと受け止めて、今後の活動をすすめていきます。品川・生活者ネットワークが今回3人会派となることはかないませんでしたが、政治を生活の道具として使う主体的な市民を増やしていきます。<いちかわ・かずこ>

品川・生活者ネットワークは「3人目」の議席獲得をめざします

10日3日 品川区議補欠選挙にむけて

ネット事務所前で、今年はゴーヤの緑のカーテンが元気。
ネット事務所前で、今年はゴーヤの緑のカーテンが元気。
品川区では明日26日より区長選と区議補欠選挙が始まります。品川・生活者ネットワークは補欠選挙に小林けさみを擁立し、区議会「3人目」の議席獲得に挑戦します。

小林けさみの活動は、小さないのちを預かり、 子どもたちの日々の育ちを見守る保育士から始まりました。30年間品川区に住み続け、子どもの声に耳を傾け寄り添う子ども専用電話の活動や、女性の起業を考え支えあう起業家交流などの活動を重ねてきた行動派です。また、3人の子どもを育てた経験もあわせて、これからの区政に地に足のついた提案を発信できる資質を備えています。

区議会での生活者ネットはこの3年間、2人会派を組んで区民の声を政策決定の場である議会へつなげる活動をしてきました。3人になれば交渉会派として責任ある位置につけ、政策実現により近づくことができます。

生活者ネットの議席は市民の議席です。選挙期間の1週間、議席獲得に向け、私たちのめざすことを、政策を力いっぱい訴えていきます。<いちかわ・かずこ> 

「小林けさみを区政へおくろう!集会」開かれる

市民のちから・みんなのちからをあわせていきましょう

都議の西崎光子さんよりエールを送られ挨拶をする小林けさみ
都議の西崎光子さんよりエールを送られ挨拶をする小林けさみ
9月18日(土)きゅりあん6階大会議室に於いて「小林けさみを区政へおくろう!集会」(主催:小林けさみといのち輝く会)が開かれました。
おぜいの市民の声からつくった生活者ネットワーク区議補欠選挙政策を発表するとともに、小林けさみを皆さんに紹介しました。
★第一部 政策発表集会では・・・
環境、子ども、食の安心・安全など14項目の品川区議補選へ向けての政策が発表されました。小林けさみの人となりをよく知り、ともに活動する方たちから応援メッセージをいただき、生活者ネットワークの都議会議員と区議より、エールが送られました。 
小林けさみからは、「30年品川区に住み、様々な活動を重ねるなかで地域のコミュニティが必要だと痛感した。高齢になっても障がいがあっても、子どもも外国人も、ともに集い支えあう地域コミュニティの再生を、市民の力を合わせて実現していきたい」と区政にチャレンジする力強い決意表明がありました。
★第二部 『だから唄おう』 朴保(Pak Poe) オン・ステージ・・・
透明な歌声で応援メッセージをいただき、会場を大いにわきました。

10月3日の区議補欠選挙に向けて、市民のちから・みんなのちからをあわせていきましょう。

小林けさみ、大井町駅で初めての訴え

区議選補欠選挙に向けて、準備が始まりました。
「小林けさみ」の名前をおおぜいの方に知っていただきたくて、9月13日、大井町駅前で初めての遊説をしました。
まだ、政治活動の時期です。生活者ネットワークの活動のお知らせと、区長選挙、区議補欠選挙のお知らせをしています。

「高齢になっても、 障がいがあっても、 子どもも外国人も、 ともに集い支えあう地域コミュニティの再生を、 参加と自治のまちづくりを市民の力を合わせて実現することが必要だ」という小林けさみの決意が、「こんにちは、区議会議員補欠選挙に準備しています」の初々しい挨拶の声には秘められていました。

大井町駅前の朝と夕方は遊説ポイントの激戦区。この日も一歩遅れで、やむを得なく第2ポジションへ・・・。

訴えの内容に感動したのか、女性だけの遊説やチラシまき隊が絵?になったのか、一歩下がった場所で遊説する姿がいじらしいと映ったのか? 理由はわかりませんが、通りすがりに携帯を取出し写真に収める方がいたりして・・・新たな発見があった「小林けさみ」初遊説でした。

オレンジ色のネット旗と小林けさみを見かけたら是非声をかけてください。
『市民が育てる 東京・未来』をスローガンに、市民の議席獲得に向けて頑張ります。<いちかわ・かずこ>

小林けさみさんを区議補欠選挙の候補予定者に決定しました

小林けさみさんと、事務所にて
小林けさみさんと、事務所にて
区長選とともに欠員区議2名の補欠選挙が10月3日に行われます。品川・生活者ネットは、区議補選に取組みます。
昨日、品川・生活者ネットの臨時総会を開き、小林けさみさんの擁立を決定しました。

小林さんの活動の原点は、小さないのちを預かり、 子どもたちが日々育つ職場である保育園で働いたことにあります。
子どもの声に耳を傾け寄り添う子ども専用電話の活動、女性の起業を考え支えあう起業家交流などの活動を重ねるなかで、 地域に市民のネットワークが必要だと痛感してこられた方です。
また、鍼灸師という立場からたくさんの方々とお会いし、「いのちがきらめくこと」 「いのちが躍動すること」の大切さも十分にわかっている方です。

小林さんとの出会いは、2007年度に行った「品川区の防災計画を読み解く」という品川ネット主催の学習会が初めてでした。シニヨン・スタイルと自然体が魅力的で印象の残りました。昨年からネットの運営で一緒に活動し、豊富な市民活動の経験があるから、しっかりした「自分」を持っていて、自分の役割がわかっていらっしゃるのだなー、という感想を持ちました。

「小林けさみ」さんのHPが開設されましたので、どうぞ見てください。<いちかわ・かずこ>