多摩川の水干を訪ねて 

東京の水源林を歩いてきました

 戦後3番目の酷暑という今年の夏。「はじめの一滴を見に行こう!」という言葉に誘われて、多摩川源流探訪ツアーに参加した。

 京王線府中駅に集合。小型バスに乗り込み、中央高速で2時間半の作場平口から歩く。ひんやりとした空気とふかふかの土の感触が気持ちいい。ヤブ沢の水の音と緑色に輝くコケを楽しみながら山道を歩く。コケが生えている岩は山が荒れていない証だそうだ。雨量は減っているが、川の水量が増えているのは、土が深くて水源を涵養する力が充分にあるから。1時間200ミリの雨でもしみこませる力があるという。都市型洪水が多発しているが、降った雨をダイレクトに川に流さないことが大事だと改めて実感する。
 きょうの案内人は多摩川源流研究所の堀越弘司さん。大学で林学を学んだ後、東京都水道局に勤めて、ずうっと多摩川源流の水源林を守ってきたという。水と森をテーマに人生を歩んでこられたというだけに、森への深い造詣と愛情がお話から伝わってくる。

 笠取小屋でお弁当を食べ、1.5キロ先の水干をめざす。視界が開け、遠くの稜線やマルバタケブキの黄色い花がうつくしい。水干は山肌に隠れるようにひっそりとあった。葉の先から一滴、一滴と落ちてくる水は輝いていた。水干から5分ほど下ったところで多摩川の源流となる水干沢の湧き水でのどを潤した。

 今回のツアーでびっくりしたのは、この水源林が人工林だということ。明治時代に行われた焼畑農業などによる山火事でこの地域では裸山が広がり、ちょっとした雨でも山崩れや水害などを起こしていた、そこで水道事業を始めた東京府が山梨県から買い上げて、森林管理に乗り出し、植林を行なって森をつくったというのだ。山道には1922年(大正11年)に東京市議団がこのあたりを視察したときの写真があった。この荒涼とした写真から、カラマツ、ブナ、ミズナラなどの豊かな森への変貌は、人間の知恵と勤労の賜物だ。

 私たちがまちを暮らしよくしたい、地球環境を守り、次世代につなぎたいと思い、政策提案していくことが、大きな意味を持つことを確信した小さな旅だった。

 *写真左下は多摩川源流の湧き水。堀越さんがササで蛇口を作  ってくださいました。

 

あきらめない人々〜市民の実践の経験交流

全国市民政治ネットワーク・交流集会に参加

 19日に全国市民政治ネットワーク全国交流集会が福岡で行われました。今年のテーマは「市民社会をつよくする」です。
 市民が政治に参加するための道具として議員を持ち、私たちの税金から出ている議員報酬を市民の政治活動に使うネットワーク運動はグリーンコープや生活クラブ生協を母体とし、東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道・信州・ふくおか・熊本・横浜・つくばに広がり、現在議員は141人。ローテーションによる議員経験者は370人にもなりました。

 午前中の分科会では「現場に出よう」「活動資金の稼ぎ方」「つながろう!地域の多様な人たちと」「参加を広げる」「議会改革」の5つのテーマで活動報告と意見交換。市民立保育園など地域に必要な機能を生み出し、リサイクルショップやカフェで仕事と人々の交流の場を広げるなど、魅力満載のネットワーク運動が披露されました。私も学校・保育園の給食食材調査活動から給食の食材規格表を狛江市に実現した取り組みを発表しました。

 活動資金の不足に悩み、共に活動する人を日々探し求めながら、地域で生き生きと活動する人たち。自治・連帯・協同して、市民社会を強くすることが、私たちの活動の原点であることを再確認した集会でした。

 集会での助言者須田春海さんがいみじくもおっしゃったように、「この会場にいるのはぺシミズムに覆われた社会にあって、夢を失っていない人たち」。

考えてみれば市議会議員補欠選挙から一ヶ月しかたっていないのに、選挙は夢の中の出来事のように遠くなってしまい、私自身も元気に日々の活動に、まい進(ふりまわされて?)います。もっともっと楽しい活動をして、強い地域社会・市民社会をつくりたい!

*写真は20日見学した玄海原発。美しい海に25メートルプールが5秒でいっぱいになってしまうほどの勢いで、7℃の排水が毎日流されている。

 10919人の方からの期待を、今後の活動の力に!

市民の議席の奪還、ならず

生活者の目で政治を変える!と市内各所で訴えた一週間。

政治は政党の論理や政治家の思惑で動かすものでなく、私たちの生活を豊かにする道具。だから政治をあきらめないでと呼びかけた。多くの方がうなづき、共感を示してくださった。子育て中の方や年配の方からは「よろしくお願いします」と、エールをおくっていただいた。じっと聞いて下さった若者もいた。

小泉、安倍、福田と続く自民党政権は、自己責任というコトバで格差社会をつくり、誰もが未来に希望を持てなくなっている。でも私たちは暮らし続ける。だから狛江で、市民がまちのあり方を共に考え、決めていくために、身近な議会に変えていかなくてはとの思いはますます深まっている。

この選挙で、生活者ネットワークという政治団体があること、地道に地域で20年活動してきたことを評価していただけたと確信している。

政治をあきらめないで!と呼びかけたのは私自身。皆さんの期待をしっかり受け止め、活動していきます。

議会をCHANGE!あすから選挙戦

6月22日投票日

私自身、年をとってからも狛江に住み続けたい。
だから、私以外のほかの人たちも、年をとっても、障がいがあっても狛江に住み続けられるようなまちにしてきたい。緑豊かなまちを残したい、子どもたちに安全な給食を食べさせたい…。私たちの生活を豊かにするためにこそ政治があります。

しかし、議会の果たすべき役割と、狛江議会のギャップはひらくばかり。

1期4年間は、市民の提案を市政につなげてきましたが、議席を失ってから1年余りの間に、その思いは更に強くなりました。
議会を変え、生活者の政治を行なうために、新たな気持ちで市政に挑戦します!

〔写真上:生活者ネットの都議・大西由紀子と〕

朝遊説(8時〜8時半)の予定
 政策にぜひ、耳を傾けてください。
6月16日(月)狛江駅南口
6月17日(火)和泉多摩川駅南口
6月18日(水)喜多見駅南口
6月19日(木)狛江駅北口
6月20日(金)喜多見駅北口

狛江・生活者ネットワークが実現してきたこと
●障がい者の就労の場を拡大
●福祉移動サービスに関する条例を議員提案
●医療と介護の連携で在宅ケアの充実、在宅療養支援診療所の提案
●地下水保全条例を議員提案
●環境ホルモンの疑いのある塩ビおもちゃを布・木製に切り替え提案、保育園で実現
●市内樹林地の調査を実施し、保全を実現
●都市計画公園(トンボ池公園)計画策定に初の市民参加を実現
●子どもの居場所づくりを求め小田急線高架下にバスケットゴール設置、西和泉グランドの平日開放、長期休業中のフリープレイが実現
●中学校で初の通級実現、三小にも増設実現
●子どもへの暴力ぼうしプログラム(CAP)、小学校での全校実施が実現
●保育園、小学校給食の食材安全基準「学校給食物資規格表」が実現
●公共サービスを市民協働で担うことを提案、実現
●第4次狛江市基本計画、次世代育成支援地域行動計画の策定過程に子ども参加を実現

応援をいただきました。

参議院議員/元東京・生活者ネットワーク代表
大河原まさこさんよりのメッセージ
「地域でたすけあって暮らしていく」ことを何よりも大事にしている池座さんは、政治スタイルも透明です。生活現場を分析した政策提案力と共感力は抜群です。これからもいっしょに活動する仲間として応援しています。

応援いただいた方々
森田明美さん(東洋大学教授/子どもの権利条例東京市民フォーラム事務局長)、鎌仲ひとみさん(映像作家「六ヶ所村ラプソディ」監督 狛江在住)、太田秀樹さん(おやま城北クリニック院長/在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク全国世話人)、山花郁夫さん(民主党前衆議院議員議員)

山口ミツ子さん(多摩南生活クラブ生協理事)、篠原順子さん(ワーカーズ・コレクティブ・クィーンズ「あじさい」理事長)、松崎淑子さん(ワーカーズ・コレクティブ轍サンズ理事)、
河西かず(狛江市議会議員)、市原広子(狛江市議会議員)、清水信之さん(前狛江市議会議員)、河西のぶみさん(前都議会議員)

山口文江さん(都議会議員/東京・生活者ネットワーク代表委員)、
吉野芳子(狛江市議会議員)、水村節子(元狛江市議会議員)、佐々木貴子(元狛江市議会議員/NPO法人ローカルアクション-シンクポッツ・まち未来理事長)

一人ひとりの子どもが大切にされる狛江に

参議院議員鈴木寛さん、応援来る

 告示日が迫り、連日街頭で政策を訴える日々。昨日は民主党参議院議員鈴木寛さん(写真左)が、民主党推薦、市長予定候補伊藤正昭さんと市議会議員補欠選挙に挑戦する予定の私、いけざ俊子のために応援に駆けつけてくださった。

 秋葉原で起きた無差別殺人事件は、決して特殊な人が起こしたものと思えない。格差社会やワーキングプアという言葉に現れる閉塞的な社会状況が、若者に生きる希望を失わせている。私はこのまちで、子どもたちが自分らしく生きることを応援する政策を提案して来た。子どもたちが仲間と触れ合いながら過ごす居場所の確保や学校教育での人権教育・暴力防止プログラムCAPの実施など。

 鈴木寛さんは、教育の分権を訴えている。地域で一人ひとりに寄り添った教育を、地域の人たちを巻き込んですすめるコミュニティスクール構想。

 今、子どもたちを救うのは、地域で懸命に生きているおとなたちが、子どもをまちづくりのパートナーとして認め、共に生きる姿勢を見せることだと思う。

狛江のみどりを次世代につなぐ

緑化基金で樹林地を購入

 気持ちよく晴れ上がった今朝も駅前でいけざ俊子の政策を訴えた。駅前の東京都特別緑地保全地区のみどりに元気づけられる。

 連日レポート配布や応援メッセージを寄せるために、都内各地から生活者ネットワークの仲間たちが来てくれている。
 写真右は多摩市議の武内好恵、写真下左は福生市議の阿南育子、右は国立市議の小川ひろみ

 生活者ネットワークの議員たちの応援演説からは、日々地域でしっかり活動している様子が伝わってきて、力づけられる。ふつう(?)の人が、こんなにパワーを発揮していること、改めて生活者ネットワークの活動のすごさを感じる。

 「狛江は緑が豊かで、いいね!」といってくれる人もいるし、私が大好きなとんぼ池公園のち・い・さ・さにびっくりしたという人もいる。

 実際のところ、狛江の緑被率は1997年(平成9年)の調査で25.7%、みどりの基本計画では2018年(平成30年)に31%の目標を設定しているが、そのための実施計画も財政の裏づけもない。狛江市では財政難を理由に緑化基金を公園や街路樹の維持管理のために、この10年毎年5000万円ずつ取り崩してきた。私は樹林地購入のために使うべきと主張してきた。今年と来年、緑化基金を使って、ハイタウン近く東野川樹林地の購入が実現する。

 みどりワーキンググループの仲間と共に樹林地調査を行っている。残したい樹林地はまだまだたくさんある。みどりを確保するための活動を更にすすめたい。

真剣に福祉!

誰でもが自分らしく暮らすために

 市長選挙と市議会議員補欠選挙の投票日が6月22日に迫っている。雨にも、肌を突き刺すような紫外線にも負けず、市内を自転車で駆け巡る毎日。何よりうれしいのは、ガンバッテと声をかけてくれる市民の方々の笑顔、そして都内各地から応援にかけつけてくれる生活者ネットワークの仲間たちの熱気あふれるエール。
(写真は応援に駆けつけてくれた左から国立市議 小川ひろみさん、福生市議 阿南育子さん、江戸川区議 新村井玖子さん)

 生活者ネットワークは、政治をあきらめない市民の政治団体。政治を生活の道具として使いこなそうと呼びかける。

 2000年にはじまった介護保険、当初はサービスを大盤振る舞いしていたが、今では財政難を理由にサービスがカットされ、介護報酬も2度にわたってきりさげられた。オーストラリアでは在宅介護をすすめる上で介護者の休息(レスパイト)を保障するのためのショートステイを整備することが当たり前とのことだが、日本では夢のまた夢。介護者が病気であっても、ショートステイを利用できるのは3ヵ月後だという。また年収200万円という報酬では自分自身の生活が立ち行かないと、介護の現場からは若者が去っている。私たちが高齢者となるとき、誰が介護の現場を支えるのかと恐ろしくなる。高齢社会に突入している狛江で、今、小規模多機能型施設や赤ちゃんからお年寄りまで多世代が共に過ごす場を作るなど、市民による機能作りも必要だ。

 医療制度改革で、狛江では100人近い方が地域に戻っていらっしゃる。24時間、365日の安心のために、意欲のある医療と看護、介護職との連携をつくらなければならない。

 狛江市議会は定数22人中女性議員は8人。生活の現場、介護の現場からの声を市政につなげるために、ぜひ市民の議席を確保したい。

生活者の目で市政を変える!

チェンジ・ チャレンジ・ チャンス!

 初代代理人水村節子を誕生させて以来、狛江ネットは市民の信頼を得て、ローテーションしながら20年間に5人の議員を送り出していただいている。

 私は前回07年の市議会議員選挙で議席を失ったが、狛江・生活者ネットワークの代表として、吉野芳子と共に活動してきた。ネット議員が1名になったことで、議会内では無会派として、「生活者ネットワーク」と名乗ることさえ許されていない。予算・決算特別委員会に参加できる回数も減り(この1年はネットは参加できていない)、市民の意見を反映できる機会が少なくなった。

 6月22日市長選挙と共に市議会議員補欠選挙が行われることになった。これはチャンス! 活かさなければならない。

 私は議員をさせていただいた4年間、市民の思いを受け止め、市民の提案を市政につなげてきた。年をとっても障がいがあっても狛江に住み続けたい、緑豊かな町を残したい、子どもたちに安全な給食を食べさせたい…。私たちの生活を豊かにするために政治がある。

 さまざまな市民の思いを束ね、誰もが人権を守られ、自分らしく生きることのできるまちをつくるために、再び市政に挑戦したいと思う。

 市民の議席を増やし、生活者の目で政治を変え、市民の力で、ゆたかな地域社会を築きたい。

サイクルシティをめざして

 平坦で小さなまち狛江は、どこに行くにも自転車が便利。都心から車で30分という立地条件も幸いしてか、狛江市民の車の保有台数は近隣市と比べて少ない。自転車は環境負荷も少なく、健康的でしかも経済的。コンパクトなまちのよさを活かすサイクルシティを目指したいと、市民と共に活動している。

 サイクルシティを実現するにはいくつかの条件がある。

 まずは自転車の安全走行に関する子どもたちを含めた市民の啓発。歩道を走る自転車は、おとりよりや障がいのある方にとって凶器にもなる。ぶつかった、怖いという声は多くの市民からお聞きする。6月1日から改正道路交通法が施行された。13歳以下の子ども、70歳以上の高齢者と障がい者は歩道を走ることができる。また自転車走行可の標識のある歩道では自転車を走らせることができる。あくまでも走らせていただくという気持ちが大事。車と違って、自転車に乗るには免許はいらないが、マナーの徹底が必要だ。学校教育の場でも安全教育を進めなければならない。

 自転車愛用者にとっては、使いやすい駐輪場の整備が急がれる。議員として一般質問などで駅前の放置自転車対策も取り上げてきた。市は狛江駅前の駐輪施設は足りていると答弁していたが、最近は収容可能台数を超える自転車利用があり、放置自転車が増え続けている。ひきつづき小田急線の改札口にアクセスのよい駐輪場や使いやすい駐輪設備を整えることを求めていきたい。

朝の駅頭にかけつけてくださった参議院議員・元生活者ネットワーク代表委員の大河原雅子さん(右)と