狛江のみどりを次世代につなぐ

緑化基金で樹林地を購入

 気持ちよく晴れ上がった今朝も駅前でいけざ俊子の政策を訴えた。駅前の東京都特別緑地保全地区のみどりに元気づけられる。

 連日レポート配布や応援メッセージを寄せるために、都内各地から生活者ネットワークの仲間たちが来てくれている。
 写真右は多摩市議の武内好恵、写真下左は福生市議の阿南育子、右は国立市議の小川ひろみ

 生活者ネットワークの議員たちの応援演説からは、日々地域でしっかり活動している様子が伝わってきて、力づけられる。ふつう(?)の人が、こんなにパワーを発揮していること、改めて生活者ネットワークの活動のすごさを感じる。

 「狛江は緑が豊かで、いいね!」といってくれる人もいるし、私が大好きなとんぼ池公園のち・い・さ・さにびっくりしたという人もいる。

 実際のところ、狛江の緑被率は1997年(平成9年)の調査で25.7%、みどりの基本計画では2018年(平成30年)に31%の目標を設定しているが、そのための実施計画も財政の裏づけもない。狛江市では財政難を理由に緑化基金を公園や街路樹の維持管理のために、この10年毎年5000万円ずつ取り崩してきた。私は樹林地購入のために使うべきと主張してきた。今年と来年、緑化基金を使って、ハイタウン近く東野川樹林地の購入が実現する。

 みどりワーキンググループの仲間と共に樹林地調査を行っている。残したい樹林地はまだまだたくさんある。みどりを確保するための活動を更にすすめたい。