多摩川の水干を訪ねて 

東京の水源林を歩いてきました

 戦後3番目の酷暑という今年の夏。「はじめの一滴を見に行こう!」という言葉に誘われて、多摩川源流探訪ツアーに参加した。

 京王線府中駅に集合。小型バスに乗り込み、中央高速で2時間半の作場平口から歩く。ひんやりとした空気とふかふかの土の感触が気持ちいい。ヤブ沢の水の音と緑色に輝くコケを楽しみながら山道を歩く。コケが生えている岩は山が荒れていない証だそうだ。雨量は減っているが、川の水量が増えているのは、土が深くて水源を涵養する力が充分にあるから。1時間200ミリの雨でもしみこませる力があるという。都市型洪水が多発しているが、降った雨をダイレクトに川に流さないことが大事だと改めて実感する。
 きょうの案内人は多摩川源流研究所の堀越弘司さん。大学で林学を学んだ後、東京都水道局に勤めて、ずうっと多摩川源流の水源林を守ってきたという。水と森をテーマに人生を歩んでこられたというだけに、森への深い造詣と愛情がお話から伝わってくる。

 笠取小屋でお弁当を食べ、1.5キロ先の水干をめざす。視界が開け、遠くの稜線やマルバタケブキの黄色い花がうつくしい。水干は山肌に隠れるようにひっそりとあった。葉の先から一滴、一滴と落ちてくる水は輝いていた。水干から5分ほど下ったところで多摩川の源流となる水干沢の湧き水でのどを潤した。

 今回のツアーでびっくりしたのは、この水源林が人工林だということ。明治時代に行われた焼畑農業などによる山火事でこの地域では裸山が広がり、ちょっとした雨でも山崩れや水害などを起こしていた、そこで水道事業を始めた東京府が山梨県から買い上げて、森林管理に乗り出し、植林を行なって森をつくったというのだ。山道には1922年(大正11年)に東京市議団がこのあたりを視察したときの写真があった。この荒涼とした写真から、カラマツ、ブナ、ミズナラなどの豊かな森への変貌は、人間の知恵と勤労の賜物だ。

 私たちがまちを暮らしよくしたい、地球環境を守り、次世代につなぎたいと思い、政策提案していくことが、大きな意味を持つことを確信した小さな旅だった。

 *写真左下は多摩川源流の湧き水。堀越さんがササで蛇口を作  ってくださいました。

 

 10919人の方からの期待を、今後の活動の力に!

市民の議席の奪還、ならず

生活者の目で政治を変える!と市内各所で訴えた一週間。

政治は政党の論理や政治家の思惑で動かすものでなく、私たちの生活を豊かにする道具。だから政治をあきらめないでと呼びかけた。多くの方がうなづき、共感を示してくださった。子育て中の方や年配の方からは「よろしくお願いします」と、エールをおくっていただいた。じっと聞いて下さった若者もいた。

小泉、安倍、福田と続く自民党政権は、自己責任というコトバで格差社会をつくり、誰もが未来に希望を持てなくなっている。でも私たちは暮らし続ける。だから狛江で、市民がまちのあり方を共に考え、決めていくために、身近な議会に変えていかなくてはとの思いはますます深まっている。

この選挙で、生活者ネットワークという政治団体があること、地道に地域で20年活動してきたことを評価していただけたと確信している。

政治をあきらめないで!と呼びかけたのは私自身。皆さんの期待をしっかり受け止め、活動していきます。

議会をCHANGE!あすから選挙戦

6月22日投票日

私自身、年をとってからも狛江に住み続けたい。
だから、私以外のほかの人たちも、年をとっても、障がいがあっても狛江に住み続けられるようなまちにしてきたい。緑豊かなまちを残したい、子どもたちに安全な給食を食べさせたい…。私たちの生活を豊かにするためにこそ政治があります。

しかし、議会の果たすべき役割と、狛江議会のギャップはひらくばかり。

1期4年間は、市民の提案を市政につなげてきましたが、議席を失ってから1年余りの間に、その思いは更に強くなりました。
議会を変え、生活者の政治を行なうために、新たな気持ちで市政に挑戦します!

〔写真上:生活者ネットの都議・大西由紀子と〕

朝遊説(8時〜8時半)の予定
 政策にぜひ、耳を傾けてください。
6月16日(月)狛江駅南口
6月17日(火)和泉多摩川駅南口
6月18日(水)喜多見駅南口
6月19日(木)狛江駅北口
6月20日(金)喜多見駅北口

狛江・生活者ネットワークが実現してきたこと
●障がい者の就労の場を拡大
●福祉移動サービスに関する条例を議員提案
●医療と介護の連携で在宅ケアの充実、在宅療養支援診療所の提案
●地下水保全条例を議員提案
●環境ホルモンの疑いのある塩ビおもちゃを布・木製に切り替え提案、保育園で実現
●市内樹林地の調査を実施し、保全を実現
●都市計画公園(トンボ池公園)計画策定に初の市民参加を実現
●子どもの居場所づくりを求め小田急線高架下にバスケットゴール設置、西和泉グランドの平日開放、長期休業中のフリープレイが実現
●中学校で初の通級実現、三小にも増設実現
●子どもへの暴力ぼうしプログラム(CAP)、小学校での全校実施が実現
●保育園、小学校給食の食材安全基準「学校給食物資規格表」が実現
●公共サービスを市民協働で担うことを提案、実現
●第4次狛江市基本計画、次世代育成支援地域行動計画の策定過程に子ども参加を実現

応援をいただきました。

参議院議員/元東京・生活者ネットワーク代表
大河原まさこさんよりのメッセージ
「地域でたすけあって暮らしていく」ことを何よりも大事にしている池座さんは、政治スタイルも透明です。生活現場を分析した政策提案力と共感力は抜群です。これからもいっしょに活動する仲間として応援しています。

応援いただいた方々
森田明美さん(東洋大学教授/子どもの権利条例東京市民フォーラム事務局長)、鎌仲ひとみさん(映像作家「六ヶ所村ラプソディ」監督 狛江在住)、太田秀樹さん(おやま城北クリニック院長/在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク全国世話人)、山花郁夫さん(民主党前衆議院議員議員)

山口ミツ子さん(多摩南生活クラブ生協理事)、篠原順子さん(ワーカーズ・コレクティブ・クィーンズ「あじさい」理事長)、松崎淑子さん(ワーカーズ・コレクティブ轍サンズ理事)、
河西かず(狛江市議会議員)、市原広子(狛江市議会議員)、清水信之さん(前狛江市議会議員)、河西のぶみさん(前都議会議員)

山口文江さん(都議会議員/東京・生活者ネットワーク代表委員)、
吉野芳子(狛江市議会議員)、水村節子(元狛江市議会議員)、佐々木貴子(元狛江市議会議員/NPO法人ローカルアクション-シンクポッツ・まち未来理事長)

やっぱり市民の議席がもっと必要!

吉野芳子が狛江市政に切り込んだ

 6月15日告示、22日投票日の狛江市長選・市議会議員補欠選挙のために、6月議会はすでに始まっている。今日は吉野芳子が狛江市の環境行政、福祉、中学校給食について80分の一般質問を行った。
 
 生活者ネットワークの一般質問はいつも市民の声からつくる。読売新聞に公表された三多摩エコランキングの記事。環境問題に関心の深い市民から「狛江市が26市中25位」との情報を得た。早速質問内容と市の回答を取り寄せてみると、多摩産材の使用や熱帯材の合板不使用、庁内のコピー用紙使用量削減、ごみの減量目標、CO2削減の取り組みなど、狛江市が明らかに取り組んでいると思われるものについても、「取り組んでいない、分からない」との回答が並んでいる。一体誰がこの回答を書いたのか、回答の真偽を確かめるところから調査を始めた。

 狛江市は『環境に配慮した物品の調達推進指針』『市職員による環境負荷低減のための行動指針』(平成16年2月)を定めて、環境行政に取り組んでいるとこれまで議会でも答弁が繰り返されてきた。しかし一般質問ではこれらの指針さえ、庁内の共通認識になっていないことが露呈した。

 建設環境部長にいたっては「自治体環境調査の結果が市に届いていないので把握できていませんが、仮にそうだったとしたら、憂慮すべきであり、まだ、どのような基準で採点したかも気になるところです。」とまったく他人事のような答弁。三多摩環境ランキングが発表されたという記事を見て、狛江市はどうなっている?と関心を持たないその態度にはあきれ果てた。一緒に傍聴していた市民から「普通の会社だったら考えられない!」との声が上がった。

 市役所はもっと仕事をしっかりしてほしい、との声をよく聞く。自分の仕事に誇りと情熱をもてないのはなぜか。私たちには理解できない。でも私たち市民は狛江市に住み続ける。すみ続けるために少しでも住みやすいまちにしたい。多くの市民とともに、狛江・生活者ネットワークは行政のチェックと政策提案を続ける。

捲土重来(けんどちょうらい)

ネットの議席、必ず取り戻します

◆4月22日の市議会議員選挙では、私は2期目の議席を得る  ことができませんでした。4年間ともに活動し、またご支援い ただきました皆様、本当に ありがとうございました。心より お礼申し上げます。

◆新人吉野芳子がいただきました議席を、市民の皆さんとともに 最大限生かして、生活者ネットワークの活動を広げてまいりま す。どうぞ今後ともよろしくお願いします。

今期最後の一般質問は・・・やっぱり“市民参加”にこだわります

3月6日 9時から質問に立ちます。

右の写真は25日(日曜日)、市内で見かけたヤマザクラ。
いつも今頃咲くのかどうかは定かではない。

4月の市議会議員選挙を控え、なんとなく浮き足立っているように感じる昨今の狛江市議会。市民による「議員の通信簿」が出されたり、議員の言動やあり方をめぐる陳情が出されたりもしている。

この4年間全力投球してきたと思う。
4年前の決意表明をあらためて振り返ってみる。

私は狛江で2人の子どもを育てながら、公民館保育室やPTA,環境の保全や食の安全を求める活動に取り組んできました。私たちが求める安全、安心な食べ物や豊かな環境、人間らしい日々の暮らしは、多くの市民が声を出してこそ手に入れられるものと実感しました。今はなかなか発言の機会がない子ども、働く若い人たち、子育て世代の声も生かしながら、市民の発想やエネルギーで住み続けたいまち、狛江をつくっていきましょう。

なんとも初々しい!!
市民参加と市民協働の推進に関する基本条例が施行された2003年から始まった私の議員としての活動は、“市民自治”を私たちのものとしていくために、どうすればいいのかを模索することでもあった。

というわけで、一般質問通告は次のとおり。

1.樹林地の保全は市民参加と市民協働で
(1)樹林地の現状について
  ①樹林地保全のための市の施策
  ②樹林地調査と保存樹林指定の進捗状況
(2)アクションプランで示された樹林地購入について
  ①市長提案の趣旨
  ②樹林地購入への市民合意を高めるためのプロセス
  ③財源確保を工夫を
(3)購入後の管理・運営は市民協働で

2.まちづくりへの市民の参加をすすめるために
(1)障がいのある方のまちづくりへの参加について
  ①市政情報提供についての市の基本姿勢
  ②視覚障がいのある方への市民情報提供の現状と問題点
  ③ボランティア団体への支援
(2)子どものまちづくりへの参加について
  ①市民参加と市民協働の推進に関する基本条例に基づいた子   ども参加の進捗状況
  ②子ども議会開催に向けて

まちを歩き、市民の声を聞き、一緒に調査したり話し合ったりして、政策提案にまとめる・・・市民の代理人として、託された責任を最後までしっかり果たしたいと思う。

12月議会一般質問通告をしました。

 12月になって気持ちのいいお天気が続いています。空気も凛として紅葉も一段と色鮮やか。写真は12月1日、西河原公園で行われたけんこう教室の様子。皆さん笑顔で、体を動かしていらっしゃいました。

 質問通告は次の通りです。一般質問は7,8,11,12日の9時からで、ネットは多分2日目。私は10時40分ぐらいからだと思います。どうぞ傍聴にいらしてください。又皆さんからのご意見もお待ちしています。

1.ドメスティックバイオレンス(DV)について
(1)市内でも増えているDV被害
 ①狛江市男女平等に関する市民意識・実態調査から
 ②実態調査の分析と市の対応
(2)市民への啓発と相談体制
 ①相談体制
 ②相談内容と対応
(3)深刻なケース
 ①身の安全の確保
 ②被害者の自立への支援
(4)デートDV防止教育の必要性
 ①暴力のない対等な関係を学ぶ
 ②NPOなど民間の活動を生かす

2.介護保険と介護予防〜その人らしい老後を支える
(1)介護保険改正と新予防給付
 ①改正の影響(利用者・事業者)
 ②配食サービスについて
(2)介護予防のための市の取り組み
 ①介護予防事業への関心と参加
 ②介護予防検診とサービス利用実態
 ③介護予防の継続
(3)“食べる、動かす、集う”を支える地域のしくみを
 ①相談と情報提供
 ②ハード面の整備
 ③地域の資源を生かそう

6月議会が始まりました。

一般質問通告

■昨日から6月議会が始まりました。
一般質問は8日から13日まで、議長を除く22人中18人が取り組みます。私は多分13日午前になると思います。時間については議会事務局にお問合せください。
 
 今回は、以下の問題を取り上げます。

 1.ごみ減量をすすめるために
 (1)ごみ有料化後の実績
  ①ごみ排出量、資源回収量、総排出量の実績
  ②ペットボトルリサイクルについて
 (2)市内事業所のごみ
  ①処理の仕組みについて
 (3)市役所、公共施設のごみ
  ①排出量、資源化量、総排出量の実績
  ②市職員による環境負荷低減のための行動指針
 (4)市が収集する事業系ごみ
  ①「事業系ごみ」の定義
  ②実態調査について

 2.子どもたちが安全に、健やかに育つために
 (1)学校の安全
  ①学校災害救済給付事業について
  ②防犯対策について
  ③学校安全巡回員について
  ④地域との連携について
 (2)通学路の安全
  ①学校安全マップ作り
  ②学校教育と行政の連携
 (3)中学生の居場所
  ①中学生の放課後についてのアンケート
  ②現状と課題
  ③公共施設の活用について
  ④子ども参加で検討を。

■写真は市役所ロビーで見かけた環境週間の愛らしいポスターです。6月4日から環境週間。狛江市でも環境問題に関わって多くのグループが活動しており、来週はさまざまなイベントが行われます。私も参加している環境保全実施計画緑ワーキンググループでは、「大切な狛江の樹林地」写真展を行います。今日の午後はその準備をしました。市役所においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

質問通告をしました。

06年第1回定例会

冬に逆戻りしたような雨の一日でした。通告締め切りが正午までにのびて、気持ちはずいぶん楽になりました。朝の2時間は貴重です。

会期中に予算特別委員会も行うため、今回の一般質問は7日(火)から3日間、一人当たりの質問時間は60分です。19人の議員が質問をおこないますので、ネットは9日午後になる予定です。

質問項目は以下の通りです。

1.安全でおいしい水を飲み続けるために〜地下水を水道水源として生かす
(1)震災対策について
 ①首都直下型地震の被害想定について
 ②災害時の給水体制について
 ③震災時井戸水提供の家について
(2)水道水源としての地下水について
 ①休止中の水源井戸、復活の見通しについて
 ②地下水の水道水源としての位置づけについて
 ③東京都への業務委託移行計画について

2.自治するまち〜積極的に市民の関心を呼び起こす施策を!
(1)市民自治の基本は情報の共有から
 ①行政資料室の必要性について
 ②図書館と議会図書室、情報課の連携を
 ③情報の共有のための施策と課題について
(2)パブリックコメント制度について
 ①狛江市における実施状況について
 ②パブリックコメントをしっかりとした仕組みに
(3)予算編成への市民参加について
 ①分かりやすい予算説明を
 ②予算編成過程を透明に
 ③市民意見の反映について

  ***

みなさんは狛江市議会のホームページをご覧になったことがありますか。昨年9月から開設されました。議会の日程や2004年第1回定例会からの本会議の会議録を見ることができます。今日お会いした市民の方から、今回の議会でどんな議案が審議されるのか、分からないというお話がありました。早速議会事務局にお伝えしました。、議案がどこの委員会に付託され、審議されるのかも含めて、掲載されることを期待しています。(今議会については、私の2月20日のホームページで議案項目のみ、お知らせしています。)

そういえば、市のさまざまな委員会、審議会などの会議開催予定にも、議題を掲載してほしいという声もお聞きしています。
ちょっとした工夫で、改善できることもありそうです。皆さんの声をお聞かせください。

 *写真は昨年10月、西東京ネットのメンバーと視察した
  日野市中央図書館前。ネット議員の保谷なおみさんと。