「新人議員との懇談会」《「市政これでいいの会・西東京」主催》に出席

2011年 7月1日夜7時から、田無庁舎の会議室にて「市政これでいいの会・西東京」が主催した「新人議員との懇談会」に出席しました。昨年末の選挙で当選した議員28人中10人が新人とのことで、企画をされたとのことですが、フタを開ければなんと参加した議員はわたしだけ。多少覚悟はしていたものの、やっぱりドキドキ。それでもお誘いいただいたときに「吊し上げるわけじゃないのよ。懇談会だからね」と言ってもらった言葉をお守りに、足を運びました。 市民の方が25人ほど参加されましたが、自己紹介がてら皆さんがおっしゃっるのは「もっと議員がいるのかと思った」と。「2回目はもっと議員が参加しやすいように日程調整をして企画する」と会の代表のお話しもありましたが、今日はとにかく議員はわたし1人。答えられない質問があったら、などと心配して準備をして行きましたが、皆さんが話したいのは、どちらかというと今後の要望であり、予算のことやしくみなどは、大変詳しくご存知でした。

新庁舎の問題が話題に出て、市民参加のしくみや住民投票など、「大事なことは市民が決める」という生活者ネットワークの政策と大いに通じる話しがありました。また、議会のルールの話しをしたときに、「明文化していないルールでおかしいと思うことは、新人だからこそ、おかしいと言うべき」という市民の方からのご意見にうなづきながら、もっともっと気持ちを強く持って頑張らなければ。と思いました。

一般の市民団体の懇談会に参加をすることは覚悟がいることでもありましたが、普段なかなか話すチャンスのない市民の方々などの話しも聞くことができて大変勉強になりました。会の方々も、参加した市民の方々も皆さん温かく「怖いわ〜」と思ったキモチも吹き飛びました。

懇談会のなかで出された学校のトイレの件については後日調べて報告をします。身も細る思いをするかも、というのは取り越し苦労で、細りませんでした、ザンネン(?)。

(市議会議員・石田ひろ子)

臨時議会が始まりました。……

2011年2月4日(金)から臨時議会が始まりました。
10年以上、ネットの会員として議会傍聴をしてきましたが、もちろん議場に入るのは初めての経験。フカフカの絨毯を踏みしめて議席番号八番の席へ。
ヒ〜、市長が近い……。
ネットは「支持会派(いわゆる与党ですわね)」という立場なので、市長や副市長の前半分くらいに座る位置のようで。
(以前の保谷高範市長のときは自民党公明党が市長席の前にあったし)。
傍聴席から見るのと、実際議場の席に座るは全く感じが違いました。(なんせ市長と近い。)椅子の動かしかたや名札を立てることなど、ピカピカの一年生として大友さんに教えてもらい、始まりのブザーも鳴り、さあ始まるゾ、と構えたら「暫時休憩します」。
議長を決めるのに丸2日。
副議長を決めるのも1日かがり。
そしてまだまだ「暫時休憩は続く…」。
議員のそれなりの理屈が、果たして市民の皆さんに伝わるのか、ピカピカのランドセル(じゃないけど…)を背負った新人には西東京議会のお作法が理解できないですが
(市議会議員・石田ひろ子)

議員のステージに立てました

市議会議員選挙に当選しました

12月27日 田無駅頭で結果報告をしました
12月27日 田無駅頭で結果報告をしました
たくさんの出会いを重ねて、議員のステージに立つことになりました。
新人11人が立候補した激戦のなか、政策を知っていただくために選挙中に100ポイント以上で遊説しました。
高齢者の方や障がいを持っている方、子どもたちにもたくさん話しを聞いてもらいました。私たちの活動は地道な調査活動の積み重ねですが、現場を知っている市民の声を大切に、これから誠実に議会活動をしていきます。

(石田ひろ子)

子ども時代を豊かに生きる

子ども時代を豊かに過ごすためには、公園の存在も大切
子ども時代を豊かに過ごすためには、公園の存在も大切
西東京の子どもたちがいきいきと豊かに子ども時代を暮らせるまちづくりをすすめたい!いじめや虐待から子どもたちを守りたい!

子どもたちが「就職をしても結婚をしても、子どもを持っても、この西東京のまちに暮らし続けたい、だって西東京には楽しい思い出がいっぱいあるから」と思う子どもたちに育つことがわたしの願いです。

たくさん遊び、たくさんの人と出会い、たくさんの学びを安心して受けることができる、そんな豐かな子ども時代を支えるために、子どもが安心して遊べる場所を増やします。
そして、学校にはスクールソーシャルワーカーを配置し、不登校児童や困難を抱えた子どもたちや家庭に寄り添った支援をすすめます。その基本には「子どもの権利に関する条例」が必要だと考えています。

(石田ひろ子)

市民とともに福祉のまちづくり

西東京市が発行している「介護保険と高齢者福祉の手引き」ご活用ください
西東京市が発行している「介護保険と高齢者福祉の手引き」ご活用ください
高齢になっても西東京で安心して暮らし続けるために、生活実態調査を今後も実施し、課題を明確にし、必要な対策をすすめていきます。

介護保険のすきまをうめられるよう、自治体が高齢者の暮らしと介護を抱える家族の暮らしを支えるしくみを強化していきます。また、すでにある「ささえあいネットワーク」や「認知症サポーター」などのしくみを充実させ、市民とともに福祉のまちづくりをすすめていきます!

お昼の田無駅前にて

12月から、毎週水曜日のお昼(12時から13時)に、田無駅前のパチンコ屋さんのところで、街頭遊説をさせていただいております。「環境・福祉・教育・まちづくり 」とネットの政策は多岐に渡りますが、一時間話すとなると、どうしても自分の得意分野に話しの比重が増えていきます。
私がいままでの経験の中から、小・中学校での子どもたちのこと、保護者のことを話しだすと、最近はたくさんの方が手をだしてネットのレポートを受け取ってくれるようになりました。

遊説が終わってから、一緒にいたネットメンバーが「今日は石田さんの友達がたくさん通ったね」と。
実は友達はひとりしか通りませんでした。
通りがかりの市民のかたが、わたしの話しをきっかけにネットのレポートを読んでくれる…ホントに嬉しいことです。
そして西東京市の子どもたちのために、頑張らなければとまた決意を深めました。

皆さん、お昼どきの田無駅前ご利用は水曜、そして日曜日にぜひお願いします!

(石田ひろ子)

毎日の色んな出会いがいっぱい

ネットの活動報告を持ち、毎日歩いていると、たくさんの出会いがあります。先日は、久々に訪ねた友人宅のお庭にワンちゃんが。
インターホンが微妙にとどかない。
わたしが怖がるのでワンちゃんも、怖くなり吠える…。そうでなくても、ピンクのジャケットで目立つわたし。
なんとか不審者にならないよう、ワンちゃんに「お母さんいない?友達なんだけど〜」といいながら、ニュースをポストイン。冷や汗ものでした。
猫の匂いがするのかしら。
また今日は、親子連れの居場所作りをしている女性にお話しを聞くことができました。
毎週木曜日の10時から13時まで、場所を提供しているとのこと。
「子育て頑張ろう!みたいに気合いはあえて入れないの。
ゆっくりだら〜っとしてもらうのがいいのよ」と。
実は色々と子育てのノウハウを学び(カナダの子育ても実際に現地に出掛け学んだそうです。)、子育ての実態も知ったうえで、あえて「ダラ〜っとね。」とおっしゃる女性はホントに素敵な方でした。
ある講演会で「100人の支援者より、一人の実践者を。」との言葉に背中を押され、居場所をはじめたそうです。
わたしも、子育てに悩み苦しんだことがあるので、悩んでる人や親子二人で昼間煮詰まるようなときにぜひとも教えたい場所でした。(もちろん、そうでない人も。)
お問い合わせはネットにどうぞ。
その女性は最後にこんなことをおっしゃいました。「日本も、子育て支援にずいぶん力を入れるようになったわね、20年遅れてるけど。」と。わたしも自分の子どもを連れて来たかったなあ。(ちょうど20年前デス。)
(石田ひろ子)

石田ひろ子の事務所をお披露目しました!

2010年11月6日(土)午後2時から、「石田ひろこと語ろう会」と称して事務所のお披露目を行いました。
ネットの仲間をはじめ、20年来の友人から最近仲良くなった友人、子ども同士が親友でもある友人、またわたしの友人である奥さんに誘われて一緒にきてくださっただんなさまで、たくさんの方が集まってくださいました。
板垣洋子市議会議員の「みんなそれぞれの方のお顔を憶えて、まちで会ったら声をかけられる感じになるといいなと思っています」という挨拶から始まり、日頃から活動を共にしている村田典子副代表の活動報告がありました。
「とにかく石田ひろこは毎日西東京のまちを歩いています。石田ひろこの看板もできたのでどうぞお持ち帰りください(笑)」と。
来た方全員から、石田ひろこにエールを送っていただき、「市民の目線での活動を続けていきます」と決意を述べて、2時間の会は、笑いに包まれながらのお開きとなりました。
「石田ひろことママチャリ会議」と「石田ひろこ」のピンクの看板はお持ち帰りはありませんでしたが、皆さんへのお披露目を済ませて、「いいよ」と言ってくださったお宅へもうすぐお届けします。
事務所では元気で明るいメンバーが、皆さんの来てくださるのを心待ちしています。どうぞ気楽にお立ち寄りくださいね!
(石田ひろ子)

活動レポートをお届けしています。

毎日、西東京市の皆さんに、生活者ネットワークの活動リポートを持ちお届けしています。
生活者ネットワークの元市議会議員の先輩と行くときもあり、先日は渡辺かつ子さんとともに南町と向台町を歩きました。渡辺かつ子さんは、旧田無・生活者ネットワークの最初の市議会議員です。わたしは渡辺さんの努力家で真面目な人柄に惹かれ生活者ネットワークのメンバーになったので、一緒に活動をすることが今だに大好き。
ワクワクと市内を回りました。渡辺さんが声をかけドアを開けてくださる市民の方は、また真面目なタイプの市民の方が多く、生活者ネットワークの政策に理解してくださるのはもちろんのこと、議員の人柄も市民の方を惹き付ける一因なのだと再確認しました。
また別の日には柳沢と新町を、元市議会議員の鈴木美紀さんの地元を歩きました。鈴木美紀さんは、議員を辞めたあと「コミュニティレストラン木・々」を立ち上げて、安全で美味しいご飯を提供しています。
底抜けに明るい人柄の鈴木さんとは西東京市が合併し、生活者ネットワークも合併してから10年のお付き合いです。鈴木さんと共に会う方、会う方、なんて明るい方々が多いこと!皆さん前向きで明るいことに感嘆し、感動しました。
日頃は生活に追われ目の前のことばかりにとらわれがちですが、10年後20年後に自分がなっていたい目標が見えた気がしています。政策では5年後10年後の先を見越してものを考えるのに、自分自身の長期計画はなかったなあ…と反省しました。
また、まちを歩くと、みどりのこと、道路のこと、地域に暮らす市民の方々の思いなどがわかります。西東京のまちを歩きながらたくさんのことを思い巡らせている毎日です。
(石田ひろ子)

おまつりに参加しました

9月11日(土)、我が家の小学校区の育成会のおまつりに参加しました。
小学校の体育館と渡り廊下、そして家庭科室をお借りして、おまつりは始まりました。
かき氷やスーパーボウルすくい、クジ引きや、フラフープ競争、児童館の方々によるブースはプラバンづくり。
わたしは、子どもが産まれてから12年くらいはお客として参加。
その後の10年はボランティアや、育成会のメンバーとして参加しています。
事前準備もたくさんあり、また当日も朝から夕方まで、それは目の回る忙しさです。
ただ、その大変さを払拭してくれるのが、子どもスタッフや参加する子どもの満面の笑みです。
何年たっても子どもたちの笑顔がわたしたちのパワーの源。
以前と少し違うのは、参加者に高学年の子どもたちが若干少ないことでしょうか。
「子育ては家庭と地域と学校で。」と言われて、久しいですが、まさに「地域」の子育て支援を担う育成会の存在は欠かせないものだと、新たに確認した一日でした。
放課後の校庭開放に来てくれていた子どもたちに久しぶりに会えたら、「ああ、イッシー!」と声かけてくれ、とても嬉しかったです。身体中が汗臭く、夕飯まで準備してきた(だってきっと疲れて作れなそうでしょ…)自分を誉めて、メンバーには自慢しながら、帰途につきました。
(石田ひろ子)