石田ひろこにバトンにタッチ

子どもの権利が保障されるまちづくりの実現を目指して!

西東京生活者ネットワークの事務所での全体会開催。まずはバトンタッチのゴール目指して。
西東京生活者ネットワークの事務所での全体会開催。まずはバトンタッチのゴール目指して。
9月の議会に、「子どもの権利に関する条例」に対する陳情が2件提出されました。
1つは、子どもの権利条例策定委員会の中間報告を踏まえた条例の早期制定を求める趣旨の陳情。
もう1つは、子どもの健全育成に重点をおいた条例を求め、また子どもの救済機関であるオンブズパーソンの設置よりも今ある相談・救済機関の充実を求めた陳情署名(1032人署名)です。
これらの陳情が提出される背景には、西東京市が現在「子どもの権利に関する条例」の策定途中にありますが、昨年8月に「子どもの権利に関する条例策定委員会」から検討結果として条例要綱及び解説等が、市長に中間報告されており、その内容について議会のなかでも「子どもの権利」についての理解が深まらない現状にあると考えます。
子どもの権利条約は1989年国連総会で採択され、締約国・地域は193で、日本も1994年に批准し、未締約国はアメリカとソマリア2カ国だけです。
西東京市の次世代育成行動計画「西東京市子育ち子育てワイワイプラン」には子どもの権利条例の実現が基本理念の1番目に掲げられています。条例制定もこの計画に位置づいています。
社会問題となっているいじめや虐待などが西東京においても課題であることは、、子どもの権利策定委員会の調査でも明らかです。また議会の質疑の中でも、子育て相談は増加傾向にあり、いじめや不登校の問題、貧困世帯の子どもの問題への対応が求められています。この状況を変えるには、これまでのように大人たちの一方的な制度ではなく、子どもの最善の利益を中心におき子どもと一緒に制度をつくっていくことこそが必要です。
しかし、今回の陳情2件は継続審査となり、条例案の市長提出もこの先、不明確であり私の任期中の条例制定は厳しい状況です。

生活者ネットワークの政策委員長・石田ひろこさんは、西東京市子どもの権利に関する条例策定委員を務めてきました。また、学校と保護者の方たちのネットワークを繋げた小中学校のPTA会長としての活動、育成会の役員や施設開放の管理者として子どもたちの理解者となり寄り添う活動を地元で進めて来られました。
12月26日、西東京市議会議員選挙です。生活者ネット・板垣の議席を石田ひろこさんに渡していきます。
「子どもの権利に関する条例」を制定し、子ども施策の充実実現にむけて力発揮していく石田さんに、バトンタッチ!

小布施の町図書館はまちとしょテラソ

周りのゆったりとした風景のなかの洒落た図書館!利用者に敷居は低く、安心感は建物の中に入ると一層感じられる。
周りのゆったりとした風景のなかの洒落た図書館!利用者に敷居は低く、安心感は建物の中に入ると一層感じられる。
「まちとしょテラソ」は、小布施町の図書館の愛称です。町役場の3階にあった図書館が、去年7月「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」という4つの柱による「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」という理念のもとで町役場の裏に開館しました。みんなに親しまれる集いの場になるように、これまで親しまれた町の図書館であることと、待ち合わせの場という意味を込めた「まちとしょ」そして、「世の中を照らしだす場」「小布施から世界を照らそう」などの考えを加えて「まちとしょテラソ」という愛称がついたそうです。
 図書館の案内には、「まちとしょテラソは、夜になると行灯のようにあたたかく周囲を照らします。この場で未来を担う子供たちが世界を感じ、飛び立っていく支援や何かを創り出す人の支援、ここへくると何か新しいものを学べるといった生涯学習の拠点として使用していただくことを目指します。ここは、「未知の知」と出会いの場、町内外の方々との交流の拠点としてみなさまのお役にたつように努めて参ります。」と紹介されています。

 先月、実際にまちとしょテラソに行き、花井館長さんにお話をうかがってきました。

 開館に至るまで、たくさんの市民参加と話し合いの場、学びの機会がもたれたこと、設計者の公募には全国から166者の応募があり5者に選定され、その公開プレゼンにも全国から建築家や建築を学ぶ大学生たちが大勢小布施に集まり、まるで建築ショーのように見ごたえのあるものだったこと、テラソのオープニングイベントには子どもたちの思い思いに持ち寄った紐に名前を書き、繋がれた一本の長い紐の最後がくす玉からのびた紐に結びつけられました。みんなでカウントダウンを行い、引っ張って割った感動的な演出だったこと、開館初日は2500人もの来館者でいっぱいになったお話には感動して涙が。館内にある落合恵子さん選書のコーナーには魅力的な図書がずらり。授乳室もあり、驚いたのは軽い飲食もOKなスペースがあることです!靴をぬいで幼児づれの親子がゆったりとここでの時間を過ごされていました。若者たちは学習スペースを活用して自主学習をしていました。多目的室には、老若男女幅広く利用されています。まだまだ伝えきれない魅力がいっぱい!「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」まちとしょテラソは、とても魅力的な、役立つ、集えるところ!単なる無料貸し本屋でないこれからの図書館の目指す方向が照らされた気持ちになりました。

 館長さんからのお話も尽きることがなく、見ず知らずの私の急な訪問にも応じて下さり、当日は大変丁寧に親切な対応で感謝感激でした。これも小布施流(?) すっかり私は小布施流に曳かれてなってしまいました。(4日、NHKの「おはよう日本」「おはよう首都圏」で紹介された図書館です)

 私はツイッタのネットワークがきっかけで「まちとしょテラソ」のことを知りました。テラソに行きたい!思ってからはあっという間でした。栗と北斎館で有名な観光地ということは知っていましたが、「小布施流」というものがあるようで、初めて訪れる私にもゆったりとやさしい安心感が残り、何度も訪れたいまちになりました。

若者に寄り添う支援 西東京市「若者グループWe」

若者たち自身が作成 若者グループ「We」通信…活動報告やイベント情報掲載
若者たち自身が作成 若者グループ「We」通信…活動報告やイベント情報掲載
昨日、生活保護をうけている家庭のおおむね15歳から29歳までの若者たちのための居場所「若者グループWe」に行き、スタッフの方からお話を伺いました。
2008年度から「被保護者ひきこもり・ニート対策事業」として始まり、3年目。市の嘱託員、専門医のスーパーバイズ、NPOとの共同でひきこもり・ニート自立支援プログラムを実施しています。居場所の通信「Westyle」は、利用者の若者たちと作られ、野外活動に出かけたり、個人の自立を即するための支援活動がゆっくりと着実にすすめられています。そして居場所があることで実態に寄り添った支援が円滑にすすめられていることをお話から理解できました。
お話を伺ったスタッフのかたは臨床心理士、個別課題を見極めた個別対応をされながら、ケースワーカ—や他機関との連携も行い、全体とのバランスをみながら丁寧に対応されており、専門性を活かした支援が行われています!都内でもこのような事業は先駆的だそうです。急増する生活保護世帯への対応、とくにそのなかにいる子ども、若者への支援をしっかりとすすめなければ、格差社会は是正できません。
市内に対象となる若者は約40人。Weに直接来れる若者はまだ数人ですが、そういう若者が行ける場所として存在していることが意義あるのだと思えました。電話にさえも出れない若者が、出れるようになったり、突然訪ねてくることもあるそうです。
その若者自身だけの問題ではなく家族などひきこもりに至る環境に課題があり、結果として社会的な適応能力が厳しい状況になっています。就労や社会的自立に繋がるために必要な社会適応能力の向上や人間関係の距離感を保てるようにしていく支援、そしてその前の丁寧なアウトリーチがすすめられているのです。
生活保護世帯が急増する現状のなかでは、このような予防的な側面支援が重要と考えます。
もちろん、ひきこもり・ニートは生活保護世帯だけの問題ではありいません。対象者を広げるには課題がありますが、Weの活動を共有し展開する必要性を実感した訪問となりました。

妊娠・出産から子育てまで切れ目のない支援—父親にも支援を—

6月議会報告 一般質問その1—父親向け支援・多胎児の親支援—

Fasher's Supporters Network父親支援セミナーでティム・バケットさん(FIL-ONチェアパーソン)と。
Fasher’s Supporters Network父親支援セミナーでティム・バケットさん(FIL-ONチェアパーソン)と。
生活者ネットは、妊娠・出産から子育てまで切れ目のない家庭支援が必用であるとの考えから、母親中心の支援に偏るのではなく子育て家族への支援を提案しています。すべての親子を対象としているものの実際の取組みは、利用の多い母親を主な対象と想定しがちな傾向になっています。ネットは特に父親向けの支援をすすめるよう提案してきました。そして、出産前に行われる母親学級が父親や家族が参加できるように「ファミリー学級」と変わりました。また子育て広場での父親事業も試行的に開催されています。
一方で次世代育成支援の一環として「育児介護休業法」改正されたものの、庁舎において男性の育児休暇が活用されていない実態があります。今月末から改正育児介護休業法が施行され、それに係る西東京市の条例改正も本議会で提案されています。まずは父親が育児休暇を取れる環境整備を庁内でどのようにすすめるのかについても質問しました。
また、合計特殊出生率は2009年は1.37、出生率が伸びないなかでも多胎児の出産率は100回の出産で一人の割合という報告があり、多胎児の家庭への支援については、妊娠出産のときから健康管理の問題はもとより、出産後の育児においても精神的、身体的、経済的負担やリスクも多く、様々な支援が必用です。市内の実態と対応について質問をしました。
1 「子育て広場」において父親支援の事業が試行的に行われている父親支援事業の現在の課題と、今後について
→昨年度から「パパ集まれ!」事業を試行的に実施したが 参加人数にばらつきがある。周知方法は日程の設定など利用者の参加状況を参考にし、子育て広場を活用した父親支援事業の定着に努めていきたい。
2「育児・介護休業法」が改正された。父親が子育てできる環境整備をすすめる事業者として 行政内部で検討されることはあるか?
→全職員を対象としたワークライフバランス研修を行う予定。新規採用職員、若手男性職員及び子育て中の男性職員に対象を絞った研修も実施したい
3多胎児の親へのどのような支援がされているのか、
→健康課でほぼ全数把握はしている。「こんにちは赤ちゃん全戸訪問」をとおして母子の健康管理状態や育児環境の把握に努めている。また、子ども家庭支援センターとしても健康課と連携をとり育児支援を行っている。自主サークルの立ち上げの支援にも努めてまいりたい。

父親支援事業については、父親がその役割を果たすことができるよう、父親をエンパワメントできる支援内容が重要です。父親支援の研究からもニーズを持っていないのではなく、意識化していない、述べる場がないと報告されています。そのためには実態把握、ニーズ、課題などの分析、また父親へのアプローチの仕方なども一定の専門性をもつことで、より充実した支援に繋がるとも言われています。広報の課題解決も必要です。少年が男そして父親と成長していく過程の流れを見据えたトータル的な展開を視野においたサポートを検討すべきだと考えます。

また多胎児の親の自主サークルは、田無方面には2つあり、保谷方面にはないと聞いています。自主サークルへの支援やサークル立ち上げにもサポートしていくと答弁があり大いに期待したいとことです。
多胎児の親には特に出産前からの切れ目のない支援が特にもとめられます。健康課との密な連携のうえで、丁寧な情報提供が行われること、多胎児の父親支援も早急に実施できるよう今後も提案していきます!

ボール遊びのできる公園オープン!

ボール広場
ボール広場
今日、「芝久保3丁目ふれあい公園」がオープンしました。8時半の開園を待って、近所の子どもたちが早速遊びに来ていました。約2600平方メートルの広さの中に、子どもたち滑り台など子どもたち用の遊具や高齢者用の健康遊具、防災倉庫もあり災害時用の防災用マンホールトイレも入る予定です。もとは緑豊かな生産緑地から残された一番背の高い木はシンボルツリーとなり、そのまわりにはベンチサークルもあります。そしてバスケットゴールもあり、ボール遊びのできる公園です!
2008年には、3回の公園整備懇談会で、住民の意見を取り入れて公園整備の検討が行われました。公園トイレ、犬や猫のこと、災害時のこと、いっ水対策、樹木のこと、・・・安全面や利便性も含めて老若男女多様な参加者から提案が出され、話し合いが行われました。ボール広場の設置についても議論がされました。これまで、ボール遊びが認められている公園は市内4か所(いこいの森公園のボール広場と柳沢児童広場、むくのき公園、わんぱく公園)で、ボール広場が設置されたことは画期的(?)です。懇談会での意見が尊重され、思いも込められた公園整備がすすめられたと思っています。
世代を超えて、ふれあいの場、コミュニティの場となれる公園ができて良かった!草地の広場は養生中ですが、緑の茂るころが楽しみです。

昨年9月議会に提出された「公園の使い方に関する陳情」は、公園でボール遊びができるようにという内容の陳情でした。建設環境委員会で12月の議会まで審査を重ねた結果「地域住民や利用者の意見を伺いながら、今後の公園整備については市民ニーズに即した特色ある公園整備に努力されたい」との意見をつけた賛成「趣旨採択」となり議会で採択されました。生活者ネットは、ボール遊びのできる公園が少ないことは課題と捉えています。しかし周辺の理解を得るという大前提が厳しいのも現実です。
子どもの健やかな成長に必用な遊びの環境を整備していくことは、子どもの育ちの保障することであり大切なことだと考えています。

IHI跡地開発に関して / 土曜日授業について

3月の議会報告 その6

7。IHI跡地開発に関して
開発エリアB敷地における(株)ゼクスからの譲渡先が不明確な状況が続いています。IHI跡地は西東京市初めての地区計画ですすめた開発ですが、計画の遅れや開発の中断など予期せぬ事態が続きました。地域住民にとっても安心できることとは言えません。
今後市はどのように事業者に助言をするのか?
→(株)ゼクスからは2009年2月27日付の転売の届け出提出、その後12月25日付で、先の届け出の取り下げと譲渡先を変更したいとの届け出の提出を受けている(譲渡先は未確)。人にやさしいまちづくり条例第11条に基づき行った助言は、
譲渡人は西東京市人にやさしいまちづくり条例等の関係法規、地区計画等市の計画を遵守し、地域環境に配慮した開発立案とすることや、譲渡人はこれまでの計画の廃止及び土地所有権の移転等について近隣住民への周知を図ること。

地区計画では、周辺のゆとりある住環境と調和した環境共生のまちづくりを進めるために、既存樹木を活かした道路、公園などの整備により地区の生活基盤水準の向上を図りつつ、緑豊かなゆとりある複合市街地の形成をめざすことが目標に立てられています。この目標が達成するためにも、既にこのエリアに暮らしている人と、新たに暮らす人との調和もすすめられるよう、行政も積極的に働きかける責任があると私は考えます!調和は大事。

8.土曜日授業について
東京都教育委員会からの小中学校における土曜日の授業の実施に係る留意点についての通知に対して、教育委員会はどのように対応したのか。
→土曜日授業は、学校週5日制の趣旨を踏まえつつ、月2回まで土曜日に授業実施できるようにしたもの。授業公開や学校行事、セーフティ教室だけでなく、地域や保護者に開かれた学校づくりの観点から、土曜日に保護者や地域住民等をゲストティーチャ—に招いての授業なども推進したい。
保護者や当事者にもきちんと説明をし、通知や通達に縛られることなく、地域の実状にあったやり方がすすめらるよう地域に開かれた学校運営をすすめてほしいものです!

西東京市子育てマップ「いこいこ」

西東京子育てコム 代表の田中のりこさんと
西東京子育てコム 代表の田中のりこさんと
3月9日、アスタセンターコートでの「よちよち&とことこ ママとパパのための西東京市子育てマップいこいこ」の完成披露会に行ってきました。
このマップは、現役のママたちが昨年12月から取り組み、公園や児童館57件を取材してまとめたものです。A5判、60ページ、カラーで子育て中の親にとって必要な情報がわかりやすくまとまっています。現場の写真もとてもきれいに撮れていて、・・・こんなに楽しそうなトコロだったかしら!?と再確認してしまうくらいです。きっと、このマップ作りは、大変だけど、ママたちにとって充実した取組みになっていたことが想像されます。これからもこのマップをどんどん進化させたいきたい、と後書きがありました。
 西東京市の後期次世代育成支援行動計画(案)にも 「子育て情報化の推進・充実」は重点的な取り組みとしてあげられていました。このマップづくりのような活動を通しての親支援は 成果物は、子育てに必要な情報を多くの親に伝えることでの親支援にもつながり、本当に意義ある活動だと思います。まさにエンパワメント!
この「西東京子育てコム」は、4月から市のNPO等企画提案事業として協働事業で「子育てかわら版」を作成します。これは育児情報の一元化をし、親が安心して子どもと外出する機会つくり、他の親子や地域との交流を深め、地域活動への参加を促すことを目的にしています。

「協働」で行うメリットを生かし、今後も継続し市の協働事業として位置づけられるべき展開を望むところです!

ファミリーサポート(家庭支援)で地域づくり・・

「子育てカフェジジハウス」で目指すシェアスタート目黒

アンパンマンが道案内
アンパンマンが道案内
昨日、目黒区の「子育てカフェジジハウス」を視察に行きました。
学芸大学駅を出て商店街を歩くと、十字路で椅子に座ったアンパンマンが案内板がわりをしています。その角を回って・・・近所のお宅に行くような感覚で路地を入っていくとジジハウスの看板が普通の家の門にありました!庭からスマートな犬が迎えてくれます。そう、ここは普通の家がカフェになっているのです。
 私たちは、運営主体のNPO法人わき・あい・あい代表の齊藤さんとコーディネイターの松本さんから、お話をお聞きしました。
目黒区が2008年スタートした子育てカフェ事業は、乳幼児を持つ親が気軽に利用できる民間飲食店舗の整備促進を図るためのモデル事業です。そして、子育てカフェジジハウスは、2008年の公募で選定され、2009年3月にオープンした2番目のカフェです。

ここのカフェは、すべての子どものために安全と権利の保障を求めて、はじめの一歩を支えることを理念に、カフェの他に、シェアスタート目黒、情報提供、ネットワークづくり他が事業内容になっています。カフェの対象はプレママから2歳までの子どものいる方が対象で、0歳から2歳までの育ちのために必要なことを、ゆるやかな自由を大切にしています。そして家庭の中にいるのと変わらないような「普通」や「当たり前」のなかで参加している人をとおして、自然に学び合えるような環境を実感できるところでした。現在700近くの人が登録をし、その7割がリピーターだそうです。父親も一緒に来られ、楽しそうな会話や赤ちゃんの泣き声が心地よく耳に入ってきました。
カフェのなかで実現しようとしていることは、子どもや親自身が持っている力を引き出すエンパワメントの子育て支援、そして家庭を支援するファミリーサポート。コーディネイターの松本さんは、ここで人との関係づくりを経験し、友達づくりをしてほしい、そしてここでの経験を地域でいかすことで、地域ができてくる!と、厚く話してくださいました。
こんな素敵なカフェが身近なところにある幸せ!羨ましがってばかりはいられません。
西東京市でもこんにちは赤ちゃん事業が行われ、4カ月未満のいる家庭を訪問しています。個々の対応も重要なことですが、当事者どうしが集い、関係性を築ける場が、身近なところに必要だと改めて確認ができました。今回の視察での学びを西東京でも活かしていきます!