3月議会報告会(4月24日)

ひとり一人と話すことの大切を実感しました

 東大和・生活者ネットワークでは議会後の報告を、チャレンジレポートの配布と遊説を行う事で議会報告としてきましたが、市民の方々に議会や委員会の様子を直接伝えたく、今回から議会報告会を中央公民館で行いました。車座で皆さんとざっくばらんに話すことができました。また、議会の年間開催回数、委員会の事、政務調査費の事など改めて伝えることができました。参加した市民からは議会傍聴するのに判りにくいことや入りにくいこと。「一般質問」とは一般の市民が市に対して質問出来る機会があるものと勘違いされていたりと、まだまだ市議会は市民に身近ではないのかと思いました。
また、3月定例会に「議員定数削減」に関しての陳情が出されたこともあり議会に対して、議員に対して意見も伺いました。議員が何をしているのか見えにくいなどの意見もいただきました。陳情の通り削減か否かはまだ委員会で継続審議ですが、私たち議員も解りやすい議会にしていけるよう努めていきたいと思っています。また市民の方からもご意見を頂きたいと思います。
これからも毎月ネットサロンとして、市民のみなさんとの意見交換や、ひと言提案など毎回テーマによりお話できる機会を作っていきたいです。
5月は8日(土曜日)午後1時30分から農業サロンを奈良橋市民センターで開催します。ぜひご参加下さい。
                       かすや久美子