2度目のローテーション成功!!

東大和市を自転車で走り抜けた一週間でした

多くの皆様のご支援をいただきローテーションが成功しました。
16年前「市民の議席を」ということから
花山由美子を議会に送り、8年前に粕谷久美子とローテーションを行いました。今回じつかわ圭子と二度目のローテーションを果たし、「市民の議席」をしっかりと繋いでいくことが
できました。
選挙1ヶ月余り前に発生した東日本大震災の甚大なる被害状況を目の当たりにした私たちは、その後、計画停電、ガソリン不足と被災地から離れた東大和市でも、エネルギーの問題が身近なものとなりました。そこで私たちは選挙戦一切、車を使わず自転車で行うことを決定しました。自転車での選挙戦をパフォーマンスと言われたこともありました。雨の日対策の車も準備せず雨の日も風の日も自転車のみで走り抜けた一週間でした。候補者本人は選挙戦前から自転車での遊説を行い、選挙中174箇所と通算すると300箇所以上の遊説を行ってきました。東大和市は13.54平方キロメートルの中で多摩湖も含まれると大きな市ではありませんが、一人一人にじつかわ圭子の声を届けていくには足りないくらいでしたが全力で取り組みました。
また今回市長選に取り組み、5選を目指す現職を交代させるために生活者ネットワークは尾崎やすお候補を支持し、交代は実現しました。
ここからがスタートです。新人じつかわ圭子、皆さまから伺ったご意見、提案はしっかりと市政へ反映してまいります。
          (かすや久美子)