品川で出会う・つながる・助け合う2011

活気があった「社会貢献見本市」

様々な活動をしている、たくさんの方とお話が出来ました
様々な活動をしている、たくさんの方とお話が出来ました
2月26日(土)、きゅりあん7階イベントホールに品川区社会貢献活動団体が集まり、地域や社会が抱える課題の解決に向けて、区内で地域貢献活動をしている団体の活動展示が行われました。
このイベントは今年で3回目を迎えるそうです。年々参加団体が増え、今年は、品川区の地域貢献団体に登録しているのは79団体で、その中の66団体もが会場に出展しました。

子育てや、障がい児・高齢者などの支援、まちづくり、読み聞かせ、地域のコミュニケーション、花やみどりの育成など様々な分野にわたり、ボランティアグループ、NPO法人、企業、大学、町会、民生委員協議会など、色々な立場の人が集まり、みんな、パンフレットや冊子を手に取ったり、日ごろの活動の様子を聞いたりしていました。

「協働」という言葉は、多く聞かれるようになり、市民権を得てきたように感じます。品川区でも地域に必要な事業をNPOなど市民が担う場面も拡がってきました。しかし、対等なパートナーシップの実現はまだ道半ばであり、本当の協働に向けたしくみづくりは不可欠だ思います。
自分たちのまちの事は、自分たちが決める!
改めて市民活動の担い手の力が発揮できるように、品川の中で力を尽くしていきたいと思います。<小林けさみ>