がんについて考えよう-がんチャリティWALKひの-

今年で三回目になる、がんWALK。
多くの市民が関わり、一緒に歩くことにより、がんについて考えよう!と今年も9月27日と28日の二日間、開催されます。

昨年までとは異なり、24時間WALKではありませんが、今後もイベントだけでなく通年の活動を通して、さまざまながんについての活動を広げようと日野独自でのイベント「がんチャリティWALKひの」になりました。(フェイスブック「がんと生活を考える会」)

27日(土)の前夜には、オカリナやウクレレの演奏でガンで亡くなられた方の追悼のつどいを行います。
28日(日)がんの啓発・販売ブースや模擬店も日野中央公園で行われます。
啓発ブースでは、血管年齢測定や健診結果の見方、乳房モデルによる触診体験など、一度体験してはいかがでしょう。
また、日野市立病院外科医師の菊永裕行氏によるがん治療の動向、乳がん患者会のNPO法人ブーゲンビリア理事長の内田絵子氏による乳がん患者会の活動についての講演会があります。

日野市は、がんに負けない社会の実現に向け、がん対策推進基本条例を2012年12月に制定しました。
今後の活動が、がん対策に取り組む活動に繋がるよう日野市と一緒に進めていきたいと思います。

みなさま、是非ご参加お待ちしています。

議員活動を終えて、新たにまちづくり活動!

クリーンセンター奥の根川では、水量も緑も多く、気持ちの良い空間です。

多くの皆様からご支援いただき、10年間の議員活動をさせていただきましたこと、本当に感謝致します。2月の選挙で吉岡なつえにバトンを渡して、現在は日野・生活者ネットワークの事務局長として活動を続けています。日野ネット野事務所も日野駅近くに移転し、市民の立場でまちづくり活動に取り組んでいます。

今、地域の方からの声掛けで根川での小水力発電の可能性に取り組んでいます。
お隣の多摩市では、自然エネルギーで多摩の未来をつくるため、太陽光発電を主力にした電力合同会社を設立。持続可能なエネルギーとして市民発でのエネルギー需給に取り組んでいます。

日野市で何ができるのか。
多くの皆さんと考え、自然エネルギーの可能性を探って行きたいと思います。

ご興味のある方、是非ご連絡ください。

ミニバス、川辺堀之内路線が時間延長!

私が利用する停留所です。

4月17日から、ミニバスの川辺堀之内路線(高幡不動駅〜豊田南口駅)の運行が、時間延長になりました。 すでにご利用の方も多いと思います。私もよく利用しています。

4月1日の市の広報にも掲載されていましたが、これまで9時〜16時だった運行が7時〜18時に変更になります。 時間延長については、地域の方々からの請願が出され、採択!その後も粘り強く要望し続けてきました。
昨年の9月議会では、一般質問を行い、特に時間延長について検討するとの答弁があったところでした。
地域の方からも本当に時間延長になり、助かっていますとの声を伺っています。
時間延長により、より多くの方々の通勤や通学に利用されることを期待しています。 区画整理により、新しい住民の方も増えてきています。請願では、一時間に一本の運行から増便の提案もありました。 多くの方々の利用により、さらなる充実を求めたいものです。
◆川辺堀之内路線のアナウンスは、日野第二小学校の子どもたちによるものです。

日野市民プール近くに、お馬さんが・・

◆リトルホースとふれあう会のパンフレットです。

私が住んでいる川辺堀之内の近くにある駒形公園内に、「ジャックとダンディ」というリトルホースがおります。
種類は、オーストラリアンリトルホース。
この子達は、とてもおとなしく子どもたちの気持ちが分かるのではないかと思うくらい、一緒にいると楽しい気分になります。

日野市では、動物とのふれあいができる事業として、保育園や幼稚園、小学校を訪問し子どもたちとの時間を過ごしています。この事業も9年がすぎ、述べ5万人以上の子どもたちと交流しているため、ファンはたくさん!

また、ホースセラピーとしても効果の検証を行うため、こども家族早期発達支援学会の応援により、共同研究が進められています。

これからも多くの子どもたちとのふれあいに繋げて欲しいですね。
みなさんも日野市の駒形公園に遊びにきてください。
近くにはドッグランのあり、ワンちゃんが来ていれば会えます。

今年は新たなスタート!

2014年が明け、皆さまはいかがお過ごしでしょう。
私は、毎年恒例の高幡不動尊に元旦初詣にいきました。昼頃でしたので例年よりそれほど混んでいませんでしたが、年明け直後はかなりの人でだったよです。

今年はどんな年になるのか、どんな年にするのか。

私は、今期で議員を引退し、次の予定候補者「吉岡なつえ」にローテーションするため、活動しています。
日野・生活者ネットワークのルールの一つに、最長3期12年で次の人に交代するローテーションがあります。補欠選挙を2度経験し、議員として10年活動させていただきました。
これまでもさまざまなご意見を市民の皆様からいただき、実現に向けて全力を尽くしてきました。特にドッグランの設置は私が初めて日野市議会で質問し、多くの市民が関って実現した政策の一つであります。議員としてさまざまなプロセスを経て実現できたことは、私にとっても貴重な経験をさせていただいた思いです。
その他、日野市洪水ハザードマップや農産物直売所マップ、工業の見える化、子ども条例などなど、全て市民の皆様からいただいたご意見からの発信でした。

人は変わっても、政策は繋げていくため、ローテーションを成功させていきたいと思います。議員を降りてもこの経験を生かし、市民活動に頑張ります。

最後の一般質問です。

明日の5日(金)10時から私の最後の一般質問があります。
今回のテーマは、
1.日野市が50年先のビジョンとして作成した「日野曼荼羅」構想について
2.公契約条例の制定について

◆明日の質問原稿です。声にだして読んでます。

生活者ネットワークは、一つのステージに長くても12年でバトンタッチをするというローテーションのルールがあります。私は、4期10年というイレギュラーな議員生活でしたが、なかなか経験できないことをさせていただいたと、関係してくださった皆様には感謝しています。

最後となる質問で、市民参画をテーマにあげたのは、これから新たな市民の参画、新たな市民活動を進めて欲しいという思いもあります。
環境基本条例の直接請求から始まった日野市の市民参加。いまこそ多世代に渡り繋げていく活動をさらに広げていかなければなりません。
市民と事業者、市職員が、日野市のまちづくりをすすめる同士として、汗を流せるよう、私も市民の立場で活動していきたいと思います。

明日の質問は、インターネットでも配信しています。是非、ご覧下さい。

フェイスブックも見に来てください。

日々に出来事をFacebookに書いています。
右のバナーから見に来てください。

来年2月の市議選で、私はローテションします。
生活者ネットは長くても12年で、次の人にバトンを渡して、議員として経験したことを今度は市民の立場でまちづくり活動をします。

次期市議選に挑戦するのは吉岡なつえさんです。彼女ににバトンを渡します。
吉岡なつえさんもFacebookに日々の出来事をUPしていますので、ぜひ見に来てくださいね。

今日も発電しています。

我が家に来てから約一年が経ちます。
太陽光パネルです。

◆毎日発電量が表示されます。一緒に消費量も!

 この表示機が来てから、どの家電がどの位消費するのか、どの時間帯が一番電気を使っているか、どの位発電してるかな? と毎朝見るのが楽しみになり、省エネの面白さも感じています。

この時は、2.4kw発電しています。テレビをつけていたので、消費は待機電力と合わせて0.3kwでした。

昨年、日野市が太陽光パネルの設置補助を募集したところ、100件の申し込みがありました。これは、一昨年の3倍以上です。
東日本大震災後、エネルギーに対する考え方が変わってきているのですね。
自然エネルギーの普及、進めなくては!

お隣の多摩市では、市民による多摩電力合同会社が設立され、自宅の屋根だけでなく、民間の大学や団地などの屋根に太陽光パネルを設置して、自然エネルギーの普及・促進にむけて事業展開しています。
日野市もいろんな屋根にのせたいな〜〜

 

伊豆大島と日野は、ひまわり号で繋がっている

伊豆大島で活躍している旧ひまわり号。日野市内を走っていた移動図書館です。

◆昨年、視察に行った時のひまわり号です。現在は運休しています。

日野・生活者ネットワークでは、昨年の夏に大島町で活躍しているひまわり号の視察に行きました。その際に、何かできないかと市民のみなさんから寄付していただいた本を集めて、大島町へ送る活動をしました。
ひまわり号のスタッフの方々は、とても喜んでいただき、このような活動を定期的に続けることができればと考えていました。

そんな時、伊豆大島の災害が報道され、島では「本」どころではない状況と聞き、まずは皆さんにひまわり号のボランティアをされている方からの現状をお知らせすることにしました。

島では、災害へのトラウマで精神的にまいってしまう方がいらっしゃり、話を聞くため駆け回っているとのことです。
亡くなった方のことは報道されていますが、流された畳に挟まれて骨折する、住む家がなくなり、建て替えも難しい高齢者世帯のことなど、知らないことばかりでした。

ひまわり号でつながっている日野市と大島町。

◆大産業まつりで募金活動してました。嬉しいo(^▽^)o

何かできませんでしょうか。
日野市や市民団体にも声かけをしていきたいと思います。私も何かしたいとお思いの方は日野ネットまでご連絡ください。

日野市の50才誕生日

 

◆会場に掲げられた50周年のテーマ

日野市が市として誕生し、50年目を迎えます。
今年は、さまざまなイベントが結集し、開催されています。

今日は50周年記念祭をして市民の森ふれあいホールで開催。総合開会式のあと、会場では多くの市民が訪れ、賑わっています。
私も開会の式典に参加し、先日NHKの合唱コンクールで金賞を獲得した七生緑小学校合唱団の皆さんの歌声を聞かせていただきました。
課題曲のふるさとは、本当に心にしみる素敵な曲です。
小学生とは思えないとっても素敵な歌声でした。

◆大坪市長から七生緑小に賞状が送られました。

明日の4日(月)も大産業祭りは開催されます。
また来週の10日(日)は同じ市民の森ふれあいホールで、市民活動フェアとくらしのフェスタが開催されます。市民の手で開催されてきた二つのイベントが今年は一緒に開催です。こちらも是非みなさんお越し下さい。

明日は、農業委員会の方に参加します。来週は、くらしのフェスタでの参加です。
午前は、太陽光の学習会、午後はエネルギーに関する映画会の開催します。