このページの最後に

今年もカレンダーがあと1枚になりました。
「安心して暮らすことのできるまちにしたい」という思いで、「環境・福祉優先のまち」をめざし、活動をしています。
それは、議員であってもなくても、同じです。
「自分にできることは何か」と、いつでも考えて行動できたら、と思っています。
まだまだ、問題が山積みの小金井市ですが、1つずつ、少しずつ、変えていきましょう。
今年のカレンダーは終わっても、また来年のカレンダーが12枚、後ろに付いているのですから。

このページは、これで終わりにします。
小金井・生活者ネットワークの活動は、小金井ネットHP、ならびに田頭祐子のHPをご覧下さい。

八ッ場ダムは今こそストップを

新米事務局長のつぶやき・2

 八ッ場ダムの建設をめぐり、毎日のように報道が続いています。中止に反対する住民の声、これまでにつぎ込んだ国費・・・しかし、このダムがなぜ要らないのかを、きちんと伝えるニュースは残念ながらあまりありません。

●なぜ八ッ場ダムをつくるの?
 八ッ場ダムの目的は、利根川中下流部の洪水被害の軽減と、1都5県に1日122万トンの水を供給することです。しかし、堤防の整備が進んだ利根川には新たにダムをつくらなくても氾濫する恐れはありません。また、首都圏の水使用量は、人口が増えても最近10年近く横ばいが続いています。今では目的もない八ッ場ダムは、造る必要性がありません。

●でも八ッ場ダムは7割もできているのでは?
 八ッ場ダムの建設費は4600億円ですが、その7割が2008年度までに使われたということです。工事の進捗率とは全く関係なく、ダムの本体工事は未着手です。関連事業をみても規模の大きい「付替国道」「付替県道」「付替鉄道」「代替地造成」でさえ、08年度末の完成割合はそれぞれ6%、2%、75%、10%です。付替鉄道は75%まで進んでいますが、新・川原湯温泉駅付近用地の未買収のところがあり、工事は大幅に遅れているのです。

●渇水や洪水の時にダムがないと困るのでは?
 八ッ場ダムは、それ程大きいダムではありません。渇水が起こる夏期は、洪水調節のため水位を下げるので、八ッ場ダムができても貯水量は既にある11基のダムの5%にしか過ぎません。
 また、過去50年間で最大の洪水(1998年9月)でも、八ッ場ダム予定地付近の流量計測から、利根川の八斗島地点の水位低下効果は最大13センチで、現在ある堤防からは約4メートルも下であり、八ッ場ダムの効果はありません。

●ダム予定地の生活再建と地域の再生に補償を
 八ッ場ダム建設予定地の周辺は地質がもろいため、ダムに水を溜めると浸水して地すべりが起きやすく、代替地も心配されています。幸い本体工事は、まだ始まっていません。 このまま八ッ場ダム建設を進めるよりも、吾妻渓谷の自然を残して地域を再生するとともに、住民の生活再建をきちんと補償することが必要です。そしてそれは、住民合意の下、半世紀以上もの間必要のないダム計画で地域を苦しめてきた国と1都5県が責任を持ってあたるべきです。

暑い夏を涼しく乗り切る知恵

新米事務局長のつぶやき・1

小金井・生活者ネットワークの事務所内から見るゴーヤの「緑のカーテン」
小金井・生活者ネットワークの事務所内から見るゴーヤの「緑のカーテン」
 今年3月の小金井市議選、続けて小平市議補選、日野市議補選、そして、都議会議員選挙。ゆっくり落ち着く暇もなく、田頭ゆう子市議と共に活動を進めるため、小金井ネットの事務局長になりました。

今年も小金井ネットの事務所に「緑のカーテン」ができました

 温暖化対策というと、温暖化ガスのCO2削減がまず頭に浮かびます。そして、そのためにすることは、省エネ。だから、節電・・・電気をこまめに消したり、冷暖房の設定温度に気をつけたり・・・でも、もう一歩、楽しんで涼しさを演出し、省エネできたら嬉しいですよね。
 ネット事務所に、今年もゴーヤが植えられました。昨年のこぼれたアサガオの種も、見事に成長して花を付けています。見た目にも涼しく、陽射しをさえぎる緑のカーテンは、室内温度を5〜10度も下げる効果があります。手軽にできる暑さ対策ですね。
 昔ながらの打ち水も、周りの気温を2度下げるというデータがあります。水が蒸発するときに、空気の熱を奪っていくからです。だからといって、水道水を撒くのでは意味がありません。雨水をバケツに溜めて使うとか、お米のとぎ汁、お風呂の残り湯をまくなど工夫して、節電、節水を楽しんでください。
 もう、涼しくなってしまいましたので、来年の夏、試してみませんか。何か実践している「暑い夏を涼しく乗り切る知恵」がありましたら、是非、お知らせください。

◆連絡は、小金井ネットHPの「お問合せ」欄から、どうぞ。

八ッ場ダムの建設は、中止を

無駄な公共事業は、ストップ!

滄浪泉園の湧水の流れ/はけの地形にあり、地下水が湧き出している
滄浪泉園の湧水の流れ/はけの地形にあり、地下水が湧き出している
 八ッ場ダムは、利根川の支流で群馬県を流れる吾妻川の中流部に建設進められようとしています。利根川中下流部の洪水被害の軽減と、東京、埼玉、千葉、茨城、群馬の1都4県に1日122万トンの水を供給することが目的です。しかし、利根川の治水計画は1947年のカスリーン台風の大洪水を想定してつくられたうえ、この大洪水は戦時中の山の木の乱伐がもたらしたものであり、堤防の整備が進んだ利根川には新たにダムをつくらなくても氾濫することはありません。また、首都圏の水使用量は最近10年近く横ばいが続いています。水源開発も次々と行われたため、今は「水余りの時代」です
 今では目的もない八ッ場ダムの総事業費は、関連事業費も含め日本一高い約9千億円。そのうち都の負担は約1千280億円にも上ります。この無駄づかいを止めようと、住民訴訟を起こしてから5年。2009年5月11日、東京地裁で、八ッ場ダム建設につぎ込まれる都費の無駄遣いの差し止めを求める裁判の判決が言い渡されました。結果は、却下でした。
 小金井市は、都で初めて地下水を保全する条例を制定しました。その目的の1つは、安全でおいしく飲料水として適している「地下水」を保全しながら飲み続けることです。小金井市の水道水源は、約7割近くが地下水。小金井市だけでなく、多摩地域では平均約3割、1日に約40万トンの地下水が水道水として利用されています。都はこうした状況を無視して地下水を切り捨て、全てダムの水に切り替える計画を持ち続けています。そのための1つの計画がダムを造り、目に見える水の保有を多くすることなのです。
 先の都議選では、東京新銀行などの無駄遣いを改め、市民生活に必要な生活のための税金の使い方を求める多くの声があがり、議会構成を変える結果となりました。必要のない公共事業より、本当に必要な福祉や教育、環境保全にこそ税金を使うべきなのです。本体工事が始まっていない今なら、八ッ場ダム建設をストップできます。そして、必要なくなった事業費を半世紀もダム建設に翻弄させられた地域の再建に当てることもできます。こうした声を受けて、民主党の参議院議員の大河原まさこさん東京・生活者ネットワーク元代表・元都議会議員)が、八ッ場ダムの建設中止を求めて国会でも質問に取り上げています。その実現のためにも、市民の選択でいらない公共事業をストップできる国会に変える、その時にきています

都議選に吹いた国政の嵐

ムダ使いをなくして、生活者のための都政を

 2009年7月12日の投開票で行われた都議会議員選挙。国政選挙の前哨戦と謳われ、自公か民主かという勢いの中で、生活者ネットは当選がゼロかといわれる厳しい選挙でしたが、地域政党である「生活者ネットワーク」の政治を訴えてきました。
 結果は、6人の擁立候補者に対し、3人の当選でした。北多摩第2区(国分寺・国立)の山内れい子、世田谷選挙区の西崎光子、そして、昭島選挙区の星ひろ子です。当選が3人だったことは悔しい思いがありますが、自治体で解決できない東京の問題を都政につなぐパイプが獲得できたことは、大きな成果だと思っています。
 今回は、「市民が育てる 東京・未来」のスローガンのもと、「やっぱり! 子育て介護は社会のしごと」を政策メッセージに掲げ、生活者に密着した問題解決を進めるための議員を送り出そうと呼びかけてきました。さあこれから、政策実現に向けての活動が始まります。

いよいよ梅雨入り

雨が少ないと、夏が心配です

 今年も私にとって待望!?の梅雨に入りました。夫の実家の方では雪が少なかったうえ、暖かくなったのが早くて雪解けも早く、少しずつ溶けて流れてくるはずの山の雪も早くなくなってしまいました。
 地球温暖化対策が少しずつ進められていますが、大きな効果があるのが、何といっても梅雨時のです。しっかり降って、しっかり地下に涵養されることで、これからの夏を涼しくしてくれる効果があるのです。灼熱の太陽が照りつける夏、たくさんの雨で地下水がたっぷりあると、熱せられた地面から地下水が少しずつ蒸発して、空気を冷やしてくれるんです。これは、打ち水と同じような効果です。その証拠に、雨の多かった梅雨の年は夏の平均気温も低く、空梅雨の年ほど真夏日が多くなっています。
 でも、都市部は地面が建物やアスファルトで覆われていて、せっかくの雨が下水道に流れてしまいます。しかし!小金井市は、雨水浸透桝の設置率が世界一。屋根に降った雨は地下に浸透させています。また、緑が多いのも保水効果があります。
 夏を涼しく過ごせると思えば、雨も嬉しいものです。その雨を、小金井市だけでなく、東京全体で浸透させ、地下水を保全することが必要です。

*おまけ・・・遠くの水より、足元の地下水
 小金井市の水道水は、地下水が7割、補助水として河川水を3割ブレンドしています。梅雨時に雨が少ないと、「猛暑」だけでなく、ダムに水が溜まらなくて「水不足」も心配です。遠くのダムに頼るのではなく、やっぱり!足元の地下水を大事に保全しながら飲み続けることが大事ですね。

緑のカーテンで夏を涼しく

ストップ! 温暖化

 小金井市ではこの夏に向けて、本庁舎に緑のカーテンを作っています。2008年6月、議会で一般質問をし、暑い夏を涼しく乗り切る1つの方法として、緑のカーテンを庁舎に作ることを提案しました。当時は「十分検討はしてまいりたい」という答弁でしたが、検討の結果でしょうか、今年の予算に計上され、本庁舎での緑のカーテン作りが始まりました。
 ゴーヤや朝顔などの蔓植物が早速、植えられ、ネットが張られています。庁舎南側の壁面を覆う緑となって直射日光を遮り、クーラーなしで夏を過ごせることでしょう。我が家でもいつもの朝顔だけでなく、ゴーヤとキュウリも試してみることにしました。
 生活者ネットワークは、都議選政策の1項目に「STOP!温暖化」を掲げています。特に都市化が進み、ヒートアイランド現象の被害が大きい東京では、緑や地下水の保全が欠かせません。見た目にも鮮やかな緑を増やし、省エネ・自然エネルギーの活用を進め、東京を冷やす! 生活者ネットワークは、生活者の声を議会に届けます。

生活者の声が届く都政に!

生活者ネットワークの議員を都議会に送ろう

●7月12日は、都議会議員選挙の投票日です。
生活者ネットワークは、まず身近な地域から政治を変えよう!暮らしやすいまちにしていこう!と、政策実現をめざして議員を議会に送り出し、調査活動や学習会を行いながら、提案を続けています。
その数は、都内の34自治体に、区議、市議合わせて51人
でも、市や区を越えた問題や東京都全体の課題には、現在いる4人の都議会議員と連携して問題解決にあたっています。
今年7月に行われる都議会議員の選挙では、この都政とのパイプを太くするため、東京・生活者ネットワークは6人の予定候補者を擁立しました。
選挙区の地域にお知り合いの方がいたら、是非!ご紹介ください。

中町の児童遊園の井戸が復活!

手押しポンプが付いて、汲み上げ式が行われました

 3月31日、中町2丁目第3児童遊園にあった井戸に手押しポンプが付けられ、お披露目がありました。当日、市の担当課職員、児童遊園近隣自治会の方、そして、環境市民会議のメンバーが集まり、ポンプのレバーを押して井戸の水を汲み上げました。水の落ちるところは、もちろん浸透ますです。
 環境市民会議の地下水測定部会では、月に1回、市内の井戸の水位を測定しており、ポイントの1つにさせていただくことができました。
 今後も、使われていない井戸を復活させて、地下水・湧水の保全につながることを期待しています。

ローテーションの成功で市民の議席をつなぐ

田頭ゆう子 4位当選しました

今回の市議会議員選挙で、私から新人・田頭ゆう子さんにバトンを渡し、議員のローテーションに臨みました。1,839人からの支持を得、4位で当選することができました。
子どもや高齢者に寄り添った活動を続けてきた田頭ゆう子さんと共に、暮らしやすい小金井を目指して、これからも共に活動を続けます。