高すぎる日本の高等教育費

昨年から今年にかけての長男の教育費が2,683,900円。大学進学をめざす子どもにこんなにお金がかかるとは知らず、仰天。諸先輩からは警告があったにもかかわらず直面しないとわからないものですね。親の苦労もさることながら、親がこれだけ負担できない子どもは、特別優秀でもなければ最初からスタートラインにはつけない現実は、どう考えても良いこととは思えない。
子どもの権利条約を批准してから今年で10年目を迎える日本政府に対して、この1月、国連子どもの権利委員会が2度めの勧告をだしました。そこには、日本の学校における公教育が、貧しい家庭出身の子どもには負担できない私的教育によって補完されなければならない状況に懸念を表明し、高校を卒業したすべての生徒が高等教育に平等にアクセスできるよう、カリキュラムを見直すことを強く求めています。東京都の定時制高校の閉鎖に対して再検討することも勧告していますが、どれだけ国や都がこれを真剣に受け止めるでしょうか。
日本の親はおとなしすぎるのかもしれない。親の経済力で子どもの教育へのアクセス権が制限される、こんなのおかしい!と思いませんか?

*2,683,900円の内訳
 大手予備校授業料 1,100,000円(交通費含まず)
 受験料       214,000円(4校分/センター試験含む)
 成績調査書      3,600円(9通)
 入学一時金     370,000円(滑り止め大学に/返還されない)
 入学金・前期授業料 996,000円
 卒業証明書       300円(郵送料、振り込み手数料含まず)

西東京市「人にやさしいまちづくり条例」にご注目ください

 今、西東京では「人にやさしいまちづくり条例」が当事者参加で検討されています。高齢者や障がい者だけでなくすべてのひとが暮らしやすいまちにしていくためにハード、ソフト両方の障壁をとりのぞいたまちづくりを進めようというものです。
 生活者ネットワークがとりわけこだわってきたのは、施設の設計、施工、事後の評価点検の各段階への当事者参加でした。残念な事に今のところ行政はこれを受け入れようとしません。設計は専門家にまかせておけばよい。バリアフリーの基準を当事者参加でつくっているのだから十分だということです。私は基準を満たした施設が必ずしも利用者に使いやすいとはいえない例をいくつも見て来ました。それは設計の専門家がバリアフリーの専門家ではないからです。いうまでもなく、バリアフリーの専門家とは高齢、障がいの当事者です。
 先日テレビを見ておりましたら、世界的に有名な建築家の安藤忠雄氏が地方のコミュニティーセンターの設計をする際、担当の若者を既存の福祉施設に研修に行かせて、実際に施設の使い勝手を体験させていました。若者は障害者用のトイレが壁に寄せて設置してあるために介助者が使いづらいことを発見し、新しい施設では便器を斜に設置するよう図面を変更する場面が報道されていました。私はこれをみて、設計者に当事者の意見を反映させるよう求める事は可能だと確信しました。安藤忠雄氏の仕事ぶりはさすがですが、だれが設計してもこのような配慮がされるべきですし、むだのない税金の使い方ができるはずです。
 この条例が本当にすぐれたものになるかどうか、今一歩のところです。

<森下のりこの一週間>
2月2日子どもの権利条例プロジェクト
  3日容器包装リサイクル法署名活動
  4日東京ネット運営委員会
  5日保谷駅街頭演説
  6日議員協議会/アンペイドワーク円卓会議(衆議院会館)
  7日西東京ネット総会/駅前再開発を考える学習会
  8日容器包装リサイクル法署名活動
 10日議員研修/議会運営委員会/人にやさしいまちづくり条
    例市民説明会
   

明けましておめでとうございますと言いたいところですが


新しい年になりました。
昨年は有事法制からイラク特措法、自衛隊派兵と、この国のあり方がおおきな分岐点を迎えた年でした。とりわけ、イラクへの自衛隊派兵は、戦後50年以上にわたって、国家公務員をして海外で人を殺さなかった日本が、イラク支援の名の元に人を殺すことになる。そのことの重大性にどれだけの人が思い至るでしょうか。西東京市議会でも、テロに屈っするな!と声高に叫ぶもの多く、市民からの「自衛隊のイラク派遣に反対する意見書の提出を求める陳情」は否決されてしまいました。
北朝鮮の脅威やテロの恐怖、地域社会の治安の悪化などマスコミはことさらに不安を掻き立ています。
マスコミは真実を伝えているのか、まず疑ってみること。そして私達は不安を暴力で解決しようとする誘惑に打ち勝つ冷静さと智恵を身に付けなければならないと思います。
暗い気持ちで新年を迎えることになってしまいました。
でも、嘆いていては始まらない。
世の中がおかしくなることを人のせいにしない。自分で考えて行動する市民と手をつなぐ。これを今年の私のモットーにしようと思います。
どうかよろしくお願いします。

久々の森下のりこの一週間(11月4日〜19日)

菜の花でバイオエネルギー

この夏東京電力がさわいだ「首都圏大停電」キャンペーン、あれはなんだったのでしょう。結局大停電はおこらず、大幅な電力不足もなかったようです。そもそも東電をはじめとする電力各社のトラブル隠しで30基の原発が稼動停止に追い込まれたことから端を発したこの事態が、電力バブルを証明することになったのは皮肉なこと。いま、太陽光やエネルギー電池など新エネルギーが注目されています。ネットではバイオエネルギーのささやかな取り組みとして菜の花の栽培をはじめました。なたね油など食用油からディーゼル燃料をつくる取り組み実験に皆さん参加しませんか? お問い合わせは西東京ネットまで。

 4日 衆議院選応援
 5日 市長への予算要望/東京ネット運営委員会
 6日 衆議院選応援
 7日 都政フォーラム「都住跡地の活用を考える」
 8日 市政報告会
 9日 国政選挙/市民祭り
10日 まちづくり条例学習会
12〜
13日 決算委員会
14日 市民自治部会/娘の保護者会
15日 ひなぎく幼稚園50周年礼拝
16日 北町ふれあいセンター議員懇談会
    福祉労働シンポジウム「地域で自立して共に生きあう
    社会は分けられない教育から」
17日 決算委員会
18日 運営委員会
19日 決算委員会

森下のりこの一週間(8月5日〜9月2日)

浜岡原発の稼動停止を求める陳情

今年7月の国際学会で、東海大地震がおきれば最も危険と発表された静岡県浜岡原発。日本にとって致命的であり、世界的にも未来世代に深く影響する原発災害の不安を抱いた市民から、これの稼動を停止するよう求める陳情が西東京市議会に提出されました。ところが、議会運営委員会では「現在住民が中部電力を相手取って裁判中であり、議会が意志を表明することは司法権の侵害にあたる」との理由から陳情を認めない判断をくだしました。陳情と認めなければ議会では審査されません。私は、陳情は憲法にも保障された市民の権利であるから認めよと主張しましたが少数意見でした。国の原子力政策と密接なかかわりのある政党の思惑があったのでしょうか。市民の権利に制限を加えた西東京市議会の判断は多くの市民から批判の的となるでしょう。

 
 5日 都政フォーラム 東京都心身障害教育について
 6日 カナダ・ノバスコシア州の資源管理戦略に学ぶ(カナダ大使館)
 8日 東京ネット運営委員会
11日〜
12日 滋賀県菜の花プロジェクト視察
22日 環境部会/都市整備部ヒアリング/政策委員会
25日 議会運営委員会/全員協議会(けやき小シックスクール、下水道使用料徴集ミス、勝浦市との友好都市)
26日 運営委員会/決算学習会/夜議員提案研修ミーティング
27日 福祉部会/市民自治部会
28日 インクルージョン教育シンポジウム(東洋大学)
29日 多摩北エリア会議/東京ネット政策委員会
31日 防災訓練(第一小)NBC(核、生物、化学災害)訓練を初めて実施

 2日 イタリア・統合協同組合の実践を学ぶ(障がい者と地域で共に働く)
5日〜 
28日 9月議会

森下のりこの一週間(7月22日〜8月2日)

少子化対策基本法にもの申す

少子化対策基本法が成立しました。戦後初めて、国が子産み支援に手をつけた法律です。子どもを産み育てるものが誇りと喜びを感じることのできる社会の実現に異論はありませんが、国民の責務「家族と子育てに夢を持つ」というようなことを法律で定めてよいものか。個人の価値を法で規定することは大いに疑問を感じます。そういえば、教育基本法も愛国心などがとりざたされています。今年になってから有事法制、イラク特措法などの法制定が立て続けにおこなわれています。振り返れば2003年が個人の領域に国家が大きく踏み込んだ分岐点の年であったということになるようで心穏やかではありません。

22日(火)朝 ひばりヶ丘駅街宣活動/少子化対策基本法、次  世代育成推進法学習会
23日(水)西東京市総合計画案会派説明会/福祉部会
25日(金)朝 保谷駅街宣活動/市子育て支援計画への提言を検討
26日(土)廃棄物会計自治体調査活動学習会/ネット議員研修条例提案活動ワークショップ
28日(月)神奈川ネットリーダー研修打ち合わせ
29日(火)河川改修促進連盟大会/夜 議員リクレーション
30日(水)神奈川ネットリーダー研修/夜 イラク特措法学習会
31日(木)東京都心身障害教育学習会
 1日(金)介護保険改善提案書を市長に提出/ICU留学生の取材受け入れ

森下のりこの一週間(7月14日〜20日)

夏休み中の家庭生ごみを学校の処理機で堆肥にしよう

6月議会で、学校給食生ごみ処理機の地域解放を提案したところ。思いの外前向きな答弁が返ってきました。さっそく、先行してすでに取り組んでいる小金井市を訪問。今年の取り組みに向けた住民説明会に参加しました。そこでわかったことはごみ問題に対する住民の熱く強い思いが行政を動かしたということ。行政まかせでなく、責任者を輪番制にして1ヶ月近く生ごみを投入、管理できる地域の力に感服しました。西東京で実現できるかどうか、市民の力が試されることになりそうです。

14日(月)小金井市学校給食生ごみ処理機の地域解放に向けた   住民説明会を視察/夜 子どもの権利フォーラムで八千代市子どもの権利ネットワークの報告を聞く
15日(火)西東京ネット運営委員会
16日(水)LD.ADHD.発達障害に関する学習会を主催。臨床心理士の話しをきく。/東京ネットエリア会議/夜メンバーと暑気払い
17日(木)議長、副議長との打ち合わせ
18日(金)住吉町都営住宅跡地見学。近隣の住民から緑地としての保存を求める声あり/夜 コンサート
19日(土)トンデモ本「ダイオキシン神話の終焉」を批判・検証する集会に参加。所沢ダイオキシン問題を提起した環境総合研究所青山貞一氏の反論をきく。
20日(日)オペラ「ばらの騎士」鑑賞