ご挨拶

秋も深まり、金木犀の香りが感じられる季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて私は、7月に都議会議員としての活動を山内れい子さんに託し、12年間の活動を無事に終えました。在任中は公私にわたり、温かいご支援を賜りましたことを本当に感謝申し上げます。
 
12年前、当の私も、家族も思いもよらないうちに都議会議員選挙に挑戦することになりました。選挙までも大変だったのですが、幸いにも当選した後も、全て未知なる世界で、大きな不安の中でのスタートでした。でも、もとより南国生まれの楽天家で、母親譲りの旺盛な好奇心も幸いして、そして何より皆様に支えられ元気に活動することができました。長いようであっという間の12年間でした。
 
議員としては、一期目にアレルギーの原因である化学物質の安全基準を子どもに合わせて、「子ども基準」のガイドラインとして設けることを都行政に実現させたこと。二期目には、「東京都食品安全条例」の制定を実現できたこと。そして三期目には、政務調査費の1円からの公開を実現し、議会改革を一歩進めたこと等、対立することが多かった石原都政の中で、小さな会派ながら成果を上げることができたと振り返っています。
 
国政においては、民主党を支持して、政権交代を目指してきましたが、ついに実現しました。八ッ場ダムや環境問題等、これまで私どもネットが取り組んできたことが注目を集めて、連日マスコミに取り上げられるのを見ると「政権交代」とはこういうことだったのかと変化と期待を実感し、私もこの政治の転換を求める活動の一端を担っていたのかと改めて思ったりしています。

「議員を辞めることはできるが、市民は辞められない」とは、私の前任者池田敦子さんの表現ですが、まさに今私も同じように思います。今後は、私としても貴重なものとなった議員としての経験を生かして、元気な市民として、地域で活動してまいります。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。大変遅くなりましたが、お礼とご報告といたします。

今私は、山内れい子さんが新鮮な感覚で都政と向き合っている報告を見聞きするに付け、「ローテーションのよさと成功できた喜び」をかみしめています。
しかし、政権交代が実現し二大政党化が進む中でネットの存在が問われています。辛くも守れた「市民の議席」が新たな未来を拓いていく一歩となるように、政治学者の山口二郎さんを講師に、10月30日に集会を開きます。大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

             
     

3代目へつなぐ!

 嵐の最中、ジェットコースターにでも乗っているような一夜が明け、少々暑過ぎますが、晴れ渡る空にひまわりの映える季節がやってきました!

 いよいよ、都議会議員としての私の「最後の宿題」=山内れい子を都政に送る!! も「当選」という答えを出すことができ、肩の荷をひとつ下ろしたところです。

 2大政党の政権交代劇が、東京をどんな方向へと導くのか?
 まだまだ見極めるべきことがたくさんあります。

 そして何より、山内れい子の後見役として、今しばらくは見守り手を携えながらまいる所存です。

 生活者のローカルパーティが誕生して24年。
 大きな区切り目を迎えるとともに、「地域で存在する」意味を新しい感覚で見直すには、本当にタイムリーなバトンタッチであったと思っております。

 皆さまからのあたたかい励ましに感謝し、これからもかわらず生活者ネットワークを応援いただけますよう、よろしくお願いいたします。
 

まちと都政をつなげる山内れい子◆必ずつなげたい市民の議席◆

7月12日は都議会議員選挙です。

 これまで12年間都議会で活動してきました。そのうち10年間が石原都政であったことは、なんと・・・・・・。当初こそエネルギーのあった、かの都知事も今は週に3日都庁にきては思いつきをごり押ししてしまう、まったく都民の生活をみることなく政策を進めている状態です。
 この思いつき政策、新銀行東京や、オリンピック招致に、都政が振り回されている間に、都民生活に直結する行政サービスに停滞や混乱が生じ、職員の中に知事の顔色をうかがう傾向が出ていることに今後の都政の危うさを感じます。
 今、緊急の課題である住まいの確保をはじめとするセーフティネットの確立に向け、保育や教育の基盤整備、医療や介護の充実など、安心して生活できるための環境整備に、しっかりと取り組んでいくことが必要です。

 それを実現させるためにも、一人の首長の思いつきに的確な判断も出来ず、またおかしいと思ったときに止めることの出来ない議会を変える必要があります。構成する議員を市民・都民が見極め選んでいくことです。

 生活者ネットの候補者は、市民の中で実際に活動している人、地道ですが生活している人たちの意見を聞いていく意欲のある人です。北多摩二区では山内れい子にバトンをつなぎ、今後も生活者の目線で都政と都議会の改革に果敢に取り組んでいくために、都議選での勝利をめざして全力で頑張ってまいります。

都議会会派代表 公開討論会

24日、早稲田大学の小野記念講堂で、都議会5会派の代表が集まり、青年会議所主催の公開討論会がありました。200席を超える会場は満席で、外にも臨時に席が用意されていました。
大学生の実行委員が、都議会議員選挙が国政選挙よりも投票率が低いことを分析し、都議会が身近でないことを指摘していました。
早稲田大学マニフェスト研究所の北川正恭教授のコーディネートで、自民、民主、公明、共産、生活者ネットの、政策や石原都政へのスタンスの違いなどが明確にされました。わたしは、生活者ネットが実現したこととして、食品安全条例の制定、化学物質子どもガイドラインの作成などのほかに、第二の報酬といわれる政務調査費の1円からの領収書添付公開をあげました。議会改革のひとつとして政務調査費公開は、国政政党の会派の利害が壁となり調整できない中、生活者ネットの存在がおおきな役割を果たしたと自負しています。
 最後に、先の見えない将来に対して若者が希望が持てるような政治の役割としてどのようなことを考えるかとの質問がありました。教育と住居の保障を政策に掲げていますが、都議選のスローガンは「市民が育てる東京・未来」。子どもたちに、未来は明るいですよと、はっきり言えるように、山内れい子をはじめ、都議会に生活者ネットの議席を何としても増やしていかなくてはと決意を新たにしました。

地域をめぐって

 国分寺〜国立へと遊説の日々です。
 
 朝は、市内の駅

 (国立、国分寺だけで6駅

  南北に出口があるので・・・) 
 
 を順番にまわっております。

 
 都議会での私の仕事は終わりましたが、

 これからが本当の正念場と心得ます。

 
 梅雨の合間、久しぶりにすっっきりと晴れ上がった週末、

 国立市内を南下して谷保へと出向きました。
 
 
 新興の住宅地には、若い世代が多く、

 小さい子どもの姿には心やすらぐ思いです。
 
 
 田植えが終わったばかりの水田は、青々として美しく、

 自然豊かな南部地域の大切さをあらためて感じました。

  
 
 まだ、私の掌にあるバトンを山内れい子へ手渡すまで、

 走り続けます!!
 
 
写真:(左)南部地域の水田を臨みながらの一声 
    (右)豊かな実りを祈って記念撮影
 

山内れい子を必ず都政に送る!!

感謝と決意

 
 
5日金曜日、

国分寺Lホールにて行われた  
  
 「山内れい子を都政に送ろう!
   市民が育てる 東京・未来集会」には、
 
たいへん多くの方にお集まりいただき、ありがとうございました。
  
 
 この日はちょうど、6月議会の閉会日であり、都議会議員大西ゆき子としての、議会活動最後の日でもありました。
 3期12年の間、こうして無事に務められましたこと、また応援いただきましたことを感謝申し上げます。 
 
 いまひとつ残された仕事は、池田あつ子さんから受け継いだものを私から山内れい子へと繋ぐことです。
 「東京・未来集会」で山内れい子の決意表明を聞きながら、東京で唯一の地域政党である生活者ネットワークの議席を
“山内れい子へ確実に渡すことこそが最大の使命”とあらためて私自身決意いたしました!
  
 

本日、最終本会議

 東京都議会第2回定例会が、6月1日から始まっております。

 2日(火)代表質問と一般質問が行われ、生活者ネットからは、

 山口文江が質問に立ちました。

 3日には各委員会、

 4日(水)の議会運営委員会をへて 

 本日5日(金)の本会議で閉会というスピード議会が終わると

 本格的に選挙へと向かいます。

 
 そして、折りしも今夕は、山内れい子の決起集会です!

 
 国政はますます混迷を深める様相で、

 7月までの間に何が起こっても不思議ではない状況ですが、

 生活者ネットの姿勢に変りはありません。

 
 
 世襲・利権と無縁の任期制であるネットの存在を見せていくため

 にも、今回のローテーションを成功させることが必須です。 
 

神出鬼没!?

 議会と議会の狭間に、地域をくまなく走り

回っています。

 4月は、天候不順のために思うように

遊説ができませんでしたが、

ここのところたいへん良いお天気が続き、

ちょっぴり日焼けが心配です。

 

 地域の皆さまに、直接お話できる機会は貴重です 
 
 都政担当の山内れい子、市議3名とともに、

 今週末も市内を回る予定です。

 
 なかなか見えにくい都議会の情報など、

 ぜひ耳をおかしください。

*写真(上)国立駅北口 
     (左)都政担当山内れい子と
     (右)紀伊国屋前・全員集合!
 

ユニバーサルデザインのまちをめざして

甲州街道の歩道を車イスで実態調査に参加

  4月22日午後1時、市役所ロビーを出発、日常車イスを使っている障がい者の方々、国立市の職員、市議有志が、甲州街道の歩道の狭いことを実際に体験する実態調査をすることを聞き、私も参加しました。
 
 谷保駅から南武線の踏み切りを渡り、谷保天満宮の交差点から府中方面へと進み、甲州街道を横断して、また天満宮の駐車場まで戻るというコースです。
 実際に電柱があるため70センチの幅しかない歩道、左折車がよく見てくれていないとはねられそうな横断歩道、なかなか登れない段差などがありました。
  
 甲州街道(都道256線)は、15メートルの幅の狭い4車線道路で、歩道は車イス同士がすれ違うことができない、場所によっては1台でもすれすれの幅のところもあるのが現状です。
 昨年国立市の6月議会にも、沿道の住民の方々や障がい者の方々より、歩道拡幅の陳情が出され、全会一致で採択されましたが、東京都では、車の交通量調査から甲州街道の車道の2車線化は現状では難しいとの回答をしています。
  
 翌日行われた、東京都北多摩北部建設事務所による道路計画の報告会の際、所長さん等に甲州街道歩道の狭さと電柱による危険さに関し、私からも善処をお願いしました。
  今後もまち全体が、ユニバーサルデザインのまちになることをめざしていきたいと思います。

新緑の国立で


先週末、すっきりと晴れ渡った

青空のもと、

久しぶりに市内で遊説を行いました。 
 

小金井、小平、日野と、応援に駆け回った

1月余り・・・

戻ってきた国立のまちは、すっかり新緑の美しい季節です。

都議としては、残すところ2ヶ月 q(^^)p

遊説は、

市民の皆さまに直接、都政の報告を出来る貴重な場です。

なるべく多くの機会をつくって、市内をまわりたいと思います。