ストップ!地球温暖化

環境自動車燃料・菜の花プロジェクト

地球の存亡をかけての温暖化対策。ポスト化石燃料として今、国も東京も大きく動こうとしているのが環境自動車燃料導入プロジェクトです。しかし、すでにバイオエタノールの主な原料のとうもろこしやさとうきびなどが、食糧の高騰を招いています。
環境自動車燃料が命の糧を脅かしてはなりません。まず、省エネをすすめ、世界最大の消費地である東京のもつ特性を最大限に生かしたバイオ燃料の開発、供給をめざすべきです。
廃食用油はもちろん、建設廃材、下水汚泥などさまざまな廃棄物、多摩産材の端材などの有効利用が資源循環型エネルギーへの道を拓くことになります。

温暖化対策はさまざまな市民活動との連携なしでは広がりません。全国的な広がりをもつ「菜の花エコプロジェクト」や、自治体、市民団体やNPOが家庭の廃油をリサイクルしてバイオディーゼル燃料として使用している試みは注目に値します。

6月に発表された「都有地利活用」(※)の方向性を評価し、新たな公の仕事・温暖化対策としての緑の確保、市民活動の支援などに有効に活用されるよう期待したいと思います。

(※)東京都財務局は、都有財産の利活用にあたって「今後の財産利活用の指針」を発表。これまで都は財政再建の観点から「売却」を中心に財産の利活用をはかってきたが、今回の指針では、緑の創出の実現に向けた都有財産の積極的な利活用や、都の施策への協力を条件として自治体に売却することや貸付けをも可能とした。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vj1/www/seikatsusha/sakuma/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメントを残す