インフォメーション  講演会「ドイツに学ぶ環境教育」

エコステーション・フライブルグ

10月1日(水)19:00〜21:30 武蔵野公会堂ホール 
         (吉祥寺駅南口徒歩2分)
  参加費 当日1500円 前売り1200円

はじめよう「緑の教室」!あなたのまちで!学校で!

 環境教育の大切さが認識されるようになり、日本でも地域や学校で様々な取り組みが行われています。「環境先進国」といわれるドイツでは、どのような環境教育が行われているのでしょう?
 80年代から、国を挙げて環境教育に力を入れているドイツでは、あらゆる教科や学校生活の中で、環境を考えた行動を身につける教育が行われています。全国に600以上ある環境教育施設は、学校教育のサポートや市民の教育に大きな役割を果たしています。
 中でもフライブルグ市の環境教育施設「エコステーション」は、五感を大切にしたプログラム、それ自体が教材になるエコロジカルな建物、そして、自治体とNGOの理想的な協業として注目されています。
 このステーション館長ハイデ・ベルクマンさんを日本に招き、市民の環境意識を高める環境教育施設の役割についてスライド写真を使用しながら講演いただきます。

主催・国際環境NGO FoE Japan tel 03-3951-1081
http://www.foejapan.org
E-mail:lifestyle@foejapan.org 

武蔵野ネットでも前売り券を預かっています。ご希望の方はご連絡下さい。(電話 0422-36-3767)