政治に詳しい市民となっての活動がスタートします

新しい活動、新しい会派、市議会議長選挙についての波紋

きらきらプロジェクトのゴーヤーの苗を育てています
きらきらプロジェクトのゴーヤーの苗を育てています
 選挙のため遅れていた2011年度武蔵野・生活者ネットワーク総会を6月10日無事終えることができました。
 2010年の活動総括では無事ローテーションを成功できた半面、メンバーの地域活動が広がり、ネット自体の活動や情報共有の難しさが課題となっています。
 私の役割はネットの議会担当事務局と福祉部会です。議員となった西園寺みきこの議員としての活動を支えるとともに、福祉部会で新たな試行事業「水曜カフェ」を行います。毎月第3水曜日午後1時から3時 自宅を開放し、地域の縁側、居場所としての事業の可能性を試してみようと思います。7月20日を予定しています。お茶、簡単なお菓子を用意しますが、試行のため、もちろん無料です。詳しくは私が担当することになった武蔵野・生活者ネットのホームページでもお伝えします。今までは議員としての仕事に追われ、ゆっくり皆さんとお話しする機会もなかなかとれず申し訳なく思っていました。気軽にどなたでも来ていただきたいとディスプレイや部屋の掃除に励んでいます。
 さて西園寺みきこが所属した、新しい会派「むさしの未来」、その後の市議会議長選挙について、多くの方からのお問い合わせがありました。詳しくは西園寺みきこのホームページ、7月に発行を予定しているネットレポート、または代表者会議の議事録をご覧いただきたいと思います。
 直接のお問い合わせに対しては、西園寺本人をはじめとしてネットメンバーで、お答えしています。
 理解してくださった方はもちろん、まだまだ不信感で釈然としないと思われている方、ぜひ、今後の新たな会派の活動を見守ってください。その上での厳しいご批判をお待ちしています。
 生活者ネットワークは、党派性を超えて市民に説明責任の果たせる開かれた政治を目指していることに何の揺らぎもありません。