市民活動支援と市民自治の実現について(その1)

砂川なおみ 最後の一般質問をしました

  議会終了後 写真を撮りました
  議会終了後 写真を撮りました
 2月28日、8年間の議員生活最後となる一般質問をしました。以下抜粋です。ホームページに載せるには文章が多すぎてなかなかまとめきれませんでした。インターネットの録画で市長に迫る砂川の様子をぜひご覧ください。

「市民活動支援と市民自治の実現について」
 生活者ネットワークの活動は市民生活の中での課題について調査し、個人の見解ではなく、議論しつくりあげた提案を議会に、政策決定の場に届けるものです。
 課題を抱え悩む市民に寄り添い、コーディネーターの役割を担う、しかしそれが個人への利益誘導とならないよう全体にとっての課題となるよう精査します。組織の意思決定として、みんなで、課題解決につなげる活動までを組み立て実行することの連続です。
 武蔵野・生活者ネットワークの議会担当としての8年間は私の人生において最も豊かな日々でした。ネットの仲間はもちろんのこと、様々な場面で出会った人々との信頼が議員として何を発言し、行動すべきかについての中心にありました。心から感謝しています。

 さてこれまで活動を続けてきた中で、とても気がかりな点があります。それは市民活動にかかわる市民の方から発せられる、市長、議員や行政、また立場の異なる市民に対する不満・不信の声です。なぜそれぞれに市政のために地域のために良かれと思って行動している人々の間に、絶えることのないざわめきが聞かれるのでしょう。このことをどうしたら解決できるのでしょう。
 武蔵野市市民協働ハンドブックのルールでは、「相互理解(対話と信頼関係)対話を通じてお互いの理解徳性を尊重し、自由に意見を交換できる信頼関係を保つように心がけます。」と書かれていますがこれまで進められてきた協働は、信頼関係を育むに足る対話が十分でないのでは、と思います。

 自治体への市民参加の諸形態として討議型デモクラシー、「日ごろ意見を言う機会のない市民の声を反映させるために、ランダムサンプリングを重視し、専門家の資料提供や、客観的な資料の提供を受け、判断の基準を合わせ、そのうえで少人数の討議を繰り返す。」という参加手法たとえば「討議制意見調査、コンセンサス会議、市民陪審、プラーヌンクスツェレ」が普及し始めています。武蔵野市でも無作為抽出市民ワークショップがこれにあたります。市民自治を進めるにあたっての須田春海さんによる分権原則11カ条には、市民責任や地域統合、自主組織、条例主義の原則などについて書かれています。また最後に「何より大切な議会での条例づくり」が揚げられています。

 議会のあるべき姿については、2月10日東京都市議会議長会の研修で竹下譲さん(自治体議会政策学会長 四日市大学教授、拓殖大学地方政治センター長)の講演をお聞きしました。
「自治体の代表は議会 その役割を果たすには」と題された講演では、名古屋市や阿久根市の事例から、今後も広がりそうな議会への住民の不信感をどうしたらなくすことができるのかについてお話しくださいました。
 要旨として「自治の中心である議会はこれまであまりにも全国一律の会議規則に縛られ、討論といっても実際には、議員同士が議論するのではなく、あくまで其々の意見を述べるにとどまっている。一般質問も個人の提案にとどまっており、議会の共通認識となっていない。議会を討議型に変え、面白い議会にすることが大切である。」というものでした。
 市民参加にも議会にも必要とされているのは、「討議すること」それぞれが議論を出しつくし、そのプロセスを共有し、目標のために、意思決定をしていくことです。そのことにより信頼は育まれていきます。

 邑上市長は市民協働サロンだよりで「自分たちのまちは自分たちで考えそして自分たちで築き上げるといった市民自治に向けて『協働』は大きなステップとなります。行政と市民とがそれぞれの持ち味を生かしながら『協働』を行うことにより多様化した市民の社会的ニーズに対応できる新たな市民サービスに担えることになります」と述べられています。

 市民協働サロンでは前年度から市民の実行委員会による連続講座が行われています。
 2010年度は特に青少協や地域福祉やごみ減量の活動など協働を意識した講師陣をお願いし、市職員とのこれまでの協働のあり方や現時点での課題を話し合う過程ですでに見知った人ではあっても、また新たに出会い直す場となり、協働についての理解や合意に向けての第一歩となりました。
 市民協働サロンは市民の主体的な活動によりまちづくりに関心を持つ人が集まって、自由で平等な開かれた対話を通じて公益とは何かを問い話し合う場であるとともに、地域での課題解決のための事業が行われる場としての公共圏であり、事業を生み出す場(インキュベーター)だといえます。
 しかしながら、協働の条件としては公共圏であるとともに、中間支援組織のマネージメントが問われます。そのうえで学びによる知識と情報の共通化が求められます。

 横浜市の市民と行政のためのハンドブックでは、「協働をうまく進めるのも阻害するのもコミュニケーションであり、一緒に振り返る、軌道修正する柔軟さがコミュニケーションを深め、相互理解が進むとしています。
2月18日に行われた「パートナーシップのまちむさしの 思いをかたちに協働・市民活動・NPO」で講師を務められた田中雅文先生はお話の中で、市民参加の落とし穴として参加できる層と参加できない層の格差、合意形成の場で発言できない雰囲気、声の大きい人の提案で決まるなど、「合意形成における統制の危惧」について指摘されていました。以上の点を踏まえ質問いたします。

質問に対する答弁は報告(その2)でお知らせします。

悩んでいる人に伝わるように パープルダイヤル

性暴力・DV相談電話を内閣府が設置 0120−941−826

  武蔵野市役所入口に展示された雛飾り
  武蔵野市役所入口に展示された雛飾り
 2月8日から3月27日午後10時まで、期間中は24時間対応で性暴力・DV相談電話が開設されています。
 私は優香さんの語るTVコマーシャルを見てはっとしました。すでにご覧になった方も多いと思いますが、少しでも多くの助けを必要とする人にこの言葉が届く事を願っています。どんな些細なことでも、何度でも相談できます。

 むさしのヒューマンネットワークセンター(男女共同参画施設)で、少しでも多くの人にDVの理解が進み、役立つようブックレット『許しません、DVを。—パパ、ママをそんなに怒鳴らないで』(26P)がつくられています。
ご希望の方はヒューマンネットワークセンターまでお問い合わせください。

精神障がい者の可能性を信じて

株式会社浩仁堂 実店舗開店・施設(カバーヌ)開設記念パーティー

 浩仁堂店舗前の100円コーナー
 浩仁堂店舗前の100円コーナー
 2月19日、これまでもお知らせや一般質問で取り上げてきた、精神障がい者の雇用を進めるインターネット古書店・浩仁堂さんの実店舗開店・施設開設記念パーティーがありました。新たな店舗は武蔵境駅の北口、興栄マンションの1Fにあります。

 お隣のレストランで行われたパーティーは、市議会の正副議長をはじめ厚生委員会所属の議員、武蔵野市障害福祉課長、支援している個人、親の会、関係各団体の皆さん、利用者の皆さんでいっぱいになりました。これまで精神障がいの方への就労支援は武蔵野市の就労支援施設「あいる」とNPO「ライフサポートMEW」でしたが、これからは株式会社の浩仁堂がカバーヌ(店舗 就労施設)を展開していくことで新たな可能性が広がりました。

 私は本が大好きで、いつも枕元には5、6冊の本を置いています。詩集、仕事関係の本、小説、一日の終わりに本を読む事で気持ちがリセットされます。
 インターネット社会の今だからこそ、いろんな世界に人を導いてくれる本を、捨ててごみにすることなく、インターネットを利用して、必要とする人に届ける仕事は、とても夢があるし、可能性があると思いました。
 

「市民活動支援と市民自治の実現について」 一般質問します

平成23年度第一回定例会

  白梅の木にとまるヒヨドリ
  白梅の木にとまるヒヨドリ
 2月28日(月)砂川なおみの議員生活を締めくくる最後の一般質問をします。3番目ですので、たぶん11時過ぎになるのではと思います。
 ぜひ傍聴に来てください。

以下の質問を予定しています。

「市民活動支援と市民自治の実現について」

 1、市民協働サロンは協働推進機能、活動支援機能、交流促進機能、情報収集・情報発信機能を持っているが、市役所内にあるという利点を生かしたNPO・市民活動団体と市との協働に関するコーディネイトを主な機能としてオープンし3年余りが過ぎた。これまでの協働サロンの活動をどのように検証し評価されているのかを伺う。

2、市民協働サロンは武蔵野市NPO・市民活動ネットワークが委託し、運営・管理を行っている。委託とは行政が行うべき事業で、効率性・専門性などから他の主体が実施したほうがより大きな効果があると思われる場合に事業の実施を委ねるということである。市の事業をNPO団体などに委託することでのこれまでの課題を伺う。

3、今年7月開所する武蔵野プレイスの3階ワークラウンジ(市民活動フロア)財団法人武蔵野生涯学習振興事業団が運営を任される予定である。運営に当たっては、これまで行われたワークショップの結果や、市民協働サロンの市民活動分野での経験をどのようにつなげ生かしていくのかを伺う。

4、市役所西棟7階は市民協働の場として関連部署が集められている。活動を続けてきた市民はプレイスオープンまでは市民協働サロンが市民活動支援と協働の場の役割を果たしていると認識している。市民活動支援の拠点がプレイスに移った後も当然のことながら協働の場は継続されるものと考えている。市長の見解を伺う。

5、基本構想の策定において、これまで無作為抽出のワークショップが2回行われている。このワークショップの評価・課題を伺う。

6、全市民的にガバナンスを高め、基本構想・長期計画の理念を実現させていくためには、それぞれ意見の異なる市民や議会、行政が共に自治基本条例を作り上げる中で初めて実体化するものと考える。個々に輝く玉も貫く珠の緒がないかぎりバラバラのままとなる。市民をつなぐ絆としての自治基本条例はふるさと武蔵野づくりの新たな土台となる。市長の市民自治条例もしくは基本条例策定に向けての考えを伺う。

市民にとって面白い議会にするのが議会改革

第49回東京都市議会議員研修会

 竹下 譲さんの講演
 竹下 譲さんの講演
 2月10日東京都市議会議長会の研修で竹下譲さん(自治体議会政策学会長 四日市大学教授、拓殖大学地方政治センター長)の講演をお聞きしました。
「自治体の代表は議会 その役割を果たすには」と題された講演では、名古屋市や阿久根市の事例から、今後も広がりそうな議会への住民の不信感をどうしたらなくすことができるのかについてお話しくださいました。
 要旨として「自治の中心である議会はこれまであまりにも全国一律の会議規則に縛られ、討論といっても実際には、議員同士が議論するのではなく、あくまで其々の意見を述べるにとどまっている。一般質問も個人の提案(自己満足?)にとどまっており、議会の共通認識となっていない。個人の一般質問に議会として議論する場を設け、議会の意思とすることで行政側にとって意味のあるものとなる。議会改革をしたとしても、住民の共感を得る事が出来なければ、議員定数・議員報酬削減を求める住民の声に対する解決とならない。住民の共感を得るためには、議会を討議型に変え、面白い議会にすることが大切である。」というものでした。
 討議型の議会にすることは、武蔵野市議会の議会改革の折にいつも私が提案してきたことだったので、とても心強く思いました。残念ながら、私の提案は共感者が少なかったため議運の優先順位が低く、実現しませんでした。
 最近、市民活動の様々な場面で、議員と市民、行政との意思の疎通が難しいなと思うことがあります。議員として、市民と行政とのコーディネート(通訳?)は大事な仕事ですが、今後は議員の仕事として、まず自治の中心である議会を市民に理解される議会審議に改める必要があります。

家庭が生み出す豊かな暮らし

ヒューマンネットワークセンター家庭科の講演会  認知症グループホーム マザースホームだんらん武蔵境 竣工式

  むさしのヒューマンネットワークセンター講演会
  むさしのヒューマンネットワークセンター講演会
 2月5日むさしのヒューマンネットワークセンターで「家庭科教育の今 こんなに面白い教科はない パート2」の講演会に参加しました。 
 講師は武蔵野市でただお一人の家庭科専任教諭 第4中学校の渡部澄江さんです。当日は資料として小中学校の家庭科の教科書や、家庭分野における新学習指導要領とこれまでとの比較表、子どもたちの作品(布やフェルトなどを使用した絵本)などお持ちいただきました。
 渡部さんのお話から子どもたちの日常の学習内容を知るとともに、家庭科の授業が中1、中2では週1時間、中3では2週に1時間しかないことに驚きの声が上がりました。少ない時間の中で調理実習のメニューやアースデイの家庭での取り組みなど工夫されていました。
 会場からの意見として、「文科省に男女共同参画をすべての教科に反映させてほしい、と訴えに行ったが、その時の担当者は、『家庭科でやっています』と言っていた。実際にお話を伺うと、家庭科の教科書に男女共同参画の書かれている部分はたった2ページ、そのうえ授業時間も少ない。これではやっていると言えないのでは。」「理科や社会科の勉強でつながることのない上下水道の在り方なども家庭科として自分の暮らしにつなげて学ぶことができ、とても可能性のある教科だと思う。」等多くの意見がありました。
 保護者から夏休みの宿題『家族にお昼ご飯を作る』についての楽しい報告もあり、和やかな会となりました。「生きる力を育てたい」とお話しされた渡部先生に感謝するとともに、家庭科の重要性を様々な場面で訴えなくてはと思います。

 2月7日は武蔵野市内で2ヶ所目となる認知症グループホーム「マザーズホームだんらん武蔵境」の竣工式でした。
 家庭のぬくもりと一家団欒の雰囲気をそのままに整えられた家具調度、デッキのある広い庭、見晴らしの良い風景が印象的です。施設にありがちなグレーや茶色、ベージュのインテリアではなく、花柄のベッドカバー、イングリッシュガーデン風のカーテンなど、ほっとできる空間でした。
 お祝いとして、すでに開所している「杉並マザーズホーム」の皆さんが合唱を披露してくださいました。それぞれ個性のあるお年寄りが、楽しそうに歌を3曲の歌われ、関係者の皆さんの拍手に包まれていました。
 そこに家庭的な温かさが生まれていました。
 

武蔵野・生活者ネットワークの活動をつなげる・つながる

スクールソーシャルワーカーへのヒアリング 生産者交流会 ワイワイ交流会 東京ネット新春の集い

  東京ネット新春の集い
  東京ネット新春の集い
 21日、武蔵野市で4月から配置となったスクールソーシャルワーカーの深沢さんにお話を聞きました。
 大野田小にある教育支援センターの活動内容やスクールソーシャルワーカーの活動を知ることができました。不登校の子どもたちと家族に寄り添い、福祉につなげる支援をしています。解決の見えない支援の中で、目標を定め、活動を評価し支援するチームで共有していく方法論は、生活者ネットの活動にも取り入れたいと思いました。また心を閉ざしてしまったケースへのアプローチとして、相手のプライドを尊重し、心を閉ざしてしまう過程には、誤った支援で傷ついていることも考えられるため、総合的な調査や周辺環境の改善等、プロならではの対応があると知り、頼もしく感じました。

 同じ日の午後は、けやきコミセンで生活クラブの卵の生産者交流会がありました。遺伝子組み換えでない飼料は今後国際的にも不足が予想されます。班取組から戸配になり、卵の利用も減っていることから、生産者を支える意味でも工夫して食べ続けなくてはと思います。
 私は生活クラブの理念を生かした「食品表示制度の抜本改正を求める意見書」が武蔵野市議会で全会一致で通ったことや、武蔵野市の給食の油がニュージーランド産ではあるものの非遺伝子組み換えの原材料であることなどをお話ししました。質疑の中で鳥インフルエンザによる被害が拡大するなか、野鳥やカラスとの接触を断つ工夫をお聞きしました。出し汁を入れなくても冷めてもおいしい卵焼きや、この季節ならではの水俣の甘夏ゼリーの試食に、会話が弾みました。

 29日は中央コミセンで武蔵野市の六つの中学ワイワイ話そう交流会がありました。テーマのスクールソーシャルワーカーのヒアリングを中心に、何が子育てする中で力になったかについていろんな意見が出ました。その中で、課題を抱えていた時、学校での対応もそれなりにあったが、日ごろ活動するの地域の仲間が支えてくれた、という言葉に地域のつながりの大切さを改めて感じました。

 1月25日は菅首相の施政方針演説をテレビ中継で見ました。最後まで十分聞く事のできる内容と真剣さが伝わりました。なぜいいところを活かすような報道がされないのか残念です。26日の生活者ネットワークの新春の集いには多くの民主党議員も参加されていました。武蔵野市長からは毎年祝電をいただいています。いろいろな場面で共通の目的について立場が違っても連携し政策を実現することが大事です。とはいうものの、選挙で負けるわけにはいきません。春の統一地方選挙では砂川から西園寺へのローテーションを成功させます。生活クラブの創設者岩根さんともお話しすることができ、自分の活動のつながりを再確認できました。生活クラブの理想とする、活動のステージは広がっているので、自分もいろいろな可能性を考えてみようと思います。

厳しい寒さの中、ネット遊説 元気にやってます

武蔵境駅 三鷹駅 吉祥寺西公園

  三鷹駅北口
  三鷹駅北口
 今年の寒さは去年の夏の記録的猛暑で弱った体にとても厳しいですね。氷のような北風、じっとしていると足元から這い上がる冷気、しかし武蔵野ネットは元気いっぱいに遊説をしています。なぜなら最近の遊説はいつも4人以上の仲間が参加しているからです。みんなでやることでより一層気持ちが伝わると感じています。
 ごみ減量の市民活動を長年続けてきた政策委員の西園寺みきこは、2R運動(発生抑制 再使用)、クリーンセンターの白煙実験、建て替え、ごみ処理にかかる予算の比較を中心にネットの政策をお話ししています。
 地方選挙は国政のあおりを受け、12月に行われた西東京市の市議会議員選挙では民主党が議席を減らし、みんなの党が躍進しています。西東京・生活者ネットワークの候補者は2名当選することができましたが、得票数は大きく減らしました。
 地方自治は、あくまでそこに暮らす市民のためのものです。自分たちの暮らしを良くするために税金の使い道を優先順位をつけて決めていく、そのための調査、議論をどれだけ深めていけるかが問われます。生活者ネットワークの議員(代理人)として、普通の市民が継続して政治にかかわることの大切さをいつも訴えています。

これからのまちづくり、地域社会づくりに必要なこと

消防団出初式 どんど焼き 「KAGEROU」 哲学者山折哲雄さんの提案から

   関前小どんど焼き
   関前小どんど焼き
 1月9日武蔵野市消防団出初式がありました。
 武蔵野市にある各地域10分団の活躍もあり武蔵野市では焼失面積が過去最少とのことでした。
 予想されている直下型の大地震に備え日ごろから訓練を怠らず、正業の傍ら市民の命を守る活動をしている各分団の皆さんに見学者も拍手を送っていました。

 11日は関前小で行われたどんど焼きで、しめ飾りや去年のお札を炎で清めてもらいました。車いすのお年寄りから、小さな子ども達まで、青竹のはぜる音にびっくりしたり、温かい炎に手をかざしたり、体育館ではお餅つきが行われ、新年ならではのひと時を楽しみました。
 日ごろのこうしたつながりの中で、災害や緊急時の見守りなどのネットワークが浸透していくためには、何が必要なのかを生活者ネットでも考えています。

 そんな時ヒントになるのではと思ったことがあります。
 まず話題になった[KAGEROU]という小説です。仕事をなくし多重債務に陥り自殺をしようとした40歳の主人公が、死を選ぶなかで「死にたいことは生きたいこと」と気付く、臓器移植のレシピエントと偶然出会い、疎遠だった両親と、昔の友人と、出会いなおしていく。最後は誰かの体の一部となって生きるというあらすじです。純文学というカテゴリーには当てはまらないものの、一人の若者の問いかけとして、多くの人が読むに値する作品だと思いました。

 また、雑誌atプラスでソーシャルデザインの試行という特集があり、その中で葬儀の行方が取り上げられていました。哲学者の山折哲雄さんが、連載「現代の往生史論2」として「国家政策としての土葬を提言する」という記事を読みました。今朝の朝日新聞で山折哲雄さんの記事を見つけた時は、朝日新聞でも土葬が取り上げられてる!?と驚きました。
 タイトルは「土葬を復活して新たな死生観を築け 火葬で薄れた他界や霊魂の観念。人間が自然に帰るという認識を」要旨は 高度経済成長のころから、葬儀の在り方が葬送(浄土へ送る)から告別(別れる儀式)となり、さらに東京では直葬(葬儀を行わず、遺体を直接火葬場に送る)が3割を超えている。人生50年から80年の時代に変化しているにもかかわらず、社会が対応できずに混乱している。死を考えることは生きることを考えることでもある。土葬の提案はエコでもあり死を見つめなおすきっかけとなる、というものです。
 実際にわたしも夫の父母、妹を見送る中で、なじみのない土地にあるお墓の問題や一人娘の今後を考えると、自分の死生観を定めお墓をどうするか決断に迫られました。

 団塊の世代が終末期を迎えるであろう10年先20年先の福祉の在り方を考えるためには、葬送の持つ意味を再発見し、新たな死生観を共有するコミュニティが必要なのではと感じました。

武蔵野・生活者ネットワーク 2011年の活動をスタートしました

武蔵境駅朝遊説でネットの政策をお話しました

  我が家のウサギたち 
  我が家のウサギたち 
 武蔵野・生活者ネットワークは2011年の活動をスタートしました。厳しい寒さの中、武蔵境駅南口での朝遊説です。

 政策委員の西園寺みきこは武蔵野市のごみ減量にとって欠かすことの出来ない2R運動(税金のかかるリサイクルよりリデユース、リユースを優先する)の署名活動や、子ども達にとって自尊意識が減少している実態、地域のホッとできる居場所作り等についてお伝えしました。
 私は12月議会一般質問での精神障がい者の就労支援、生活者ネットの政治の仕組み、また議会に関心を持っていただきたいと訴えました。

 年始のテレビ放映された「ドライビング ミスデイジー」という映画、ユダヤ系で高齢の裕福な女性と黒人で年配の運転手との日々の交流を描いた映画です。ご覧になった方も多かったのではと思います。
 その中でキング牧師の講演会の場面があり、直接の映像ではなくスピーチでのメッセージが流されました。要約すると「世界が良くならないことの原因は、悪意を持って行動する人が多いということよりも光の子たち(善き人たち)の無関心と社会に対する怯えである。」という内容でした。
 日頃私が感じていることと同じだなと思いました。これまで市民活動の中で武蔵野市政に関わってこられた市民の方でさえ、議会での議論にはほとんど関心のない方が多いのではないかと思います。ご自身が選んだ議員が日頃どんな活動をしているのか、チェックしていただきたいと思います。二元代表制の市議会では、最終的な決定は、議会での多数決によって決まります。市長でもなく、行政マンでもなく議会が最終決定権を握っています。

 大切な税金を何に使うかを決める予算委員会や、各議員の一般質問など是非傍聴してみてください。インターネットでの同時中継や録画放映もあります。文章でかかれたものよりも一目瞭然、各議員の人となりが分かります。議会への関心が高まり 4月に予定されている統一地方選に反映されることを期待しています。