自販機プロジェクトで市内の施設見学

オリジナルタンブラー。絵は卒業生の方の作品
オリジナルタンブラー。絵は卒業生の方の作品
 9月10日をもって多摩市は節電対策を解除しました。
さっそく、市内の施設を偵察に・・・
某福祉館の自販機には「キーンと冷えてます!!」の張り紙まで!・・・

また別の某福祉館では40%くらい以前より節電になったとか
それはそれでいいけど、だからってまた以前のように全部を戻すのもいかがなものでしょうかね

福祉館のあとは、環境について取り組みが進んでいる恵泉女子大学にも見学に。
さすがに自販機よりは給湯器が大活躍のようです。

また独自に「エコキャンパス委員会」があり、お弁当の割りばし、ホットサンドのプラ容器を有料化するなどの活動をしています。
キリスト教センターでは独自のタンブラーも発売中

多摩市でも自販機を復活させるのではなくて、給湯器を設置してみることを考えてみたらどうですかね〜