今年も支援活動で郡山へ

1月8日、エコメッセのメンバーで郡山へ行ってきました。午前、午後と2回のワークショップです。午前は草履のブローチ、午後はつるし雛用の草履づくりです。 

昨年から毎月続けていることで、つるし雛の作品がたくさんできました。今年はこれらの作品を展示することも考えています。 

エコメッセのこの活動は、被災地の女性の就労支援の側面もあります。これまで「桜のエコたわし」や「布草履」などを作っていただいてお店やお祭り等で販売してきました。現在、喪服用の帯を使ってバッグを試作してもらっていて、とても素敵なものが出来上がっていました。近いうちに販売できそうです。

緑ヶ丘仮設の前で、自治会長さん、しんぐるまざーず福島のみなさんと。門松の切り口が笑った顔に見えることって知ってました?私はこの年になって初めて知りました(笑)