五月晴れの下、地球を考える〜アースディ多摩のお手伝い〜

 

エコメッセでは子ども服を多摩エネ協はオリジナル缶バッチとTシャツを販売

環境まちづくりNPO「エコメッセ多摩」、3.11フクシマを忘れない原発のない未来をアクションin TAMA、多摩循環型エネルギー協会、恵泉女学園大学・種まきネットの皆さんが共同でアースディ多摩に出店したので一緒にお店当番をしました。17日、18日と二日間にわたって多摩市の中央公園で行われました。

ここは、多摩センター駅からパルテノン多摩に向かって坂を上りきった所にあるし、あんまりPRされてないし・・・お客さんがくるのかしら・・・。それでも、たくさんの親子連れで賑わっていました。 

アースデイ(地球の日・422日)とは、1970年から続く世界最大の環境フェスティバル!(知らなかった)。世界の184の国と地域の中で約5000カ所でこのイベントが行われています。先月は代々木公園でもありました。(ちなみにエコメッセはこちらにも出店してました)

地球に感謝し、美しい地球を守り、環境保全を呼びかけ、情報発信の場としての役割を果たしています。いろいろな環境団体が歌を歌ったり、紙芝居をしたり、Tシャツを売ったり・・・。

環境まちづくりNPOエコメッセではウェブチラシhttp://www.mottekite.jp/もできました。環境を守るためにぜひ提供品をよろしくお願いしま〜す!!