五月晴れの下、地球を考える〜アースディ多摩のお手伝い〜

 

エコメッセでは子ども服を多摩エネ協はオリジナル缶バッチとTシャツを販売

環境まちづくりNPO「エコメッセ多摩」、3.11フクシマを忘れない原発のない未来をアクションin TAMA、多摩循環型エネルギー協会、恵泉女学園大学・種まきネットの皆さんが共同でアースディ多摩に出店したので一緒にお店当番をしました。17日、18日と二日間にわたって多摩市の中央公園で行われました。

ここは、多摩センター駅からパルテノン多摩に向かって坂を上りきった所にあるし、あんまりPRされてないし・・・お客さんがくるのかしら・・・。それでも、たくさんの親子連れで賑わっていました。 

アースデイ(地球の日・422日)とは、1970年から続く世界最大の環境フェスティバル!(知らなかった)。世界の184の国と地域の中で約5000カ所でこのイベントが行われています。先月は代々木公園でもありました。(ちなみにエコメッセはこちらにも出店してました)

地球に感謝し、美しい地球を守り、環境保全を呼びかけ、情報発信の場としての役割を果たしています。いろいろな環境団体が歌を歌ったり、紙芝居をしたり、Tシャツを売ったり・・・。

環境まちづくりNPOエコメッセではウェブチラシhttp://www.mottekite.jp/もできました。環境を守るためにぜひ提供品をよろしくお願いしま〜す!!

今年も支援活動で郡山へ

1月8日、エコメッセのメンバーで郡山へ行ってきました。午前、午後と2回のワークショップです。午前は草履のブローチ、午後はつるし雛用の草履づくりです。 

昨年から毎月続けていることで、つるし雛の作品がたくさんできました。今年はこれらの作品を展示することも考えています。 

エコメッセのこの活動は、被災地の女性の就労支援の側面もあります。これまで「桜のエコたわし」や「布草履」などを作っていただいてお店やお祭り等で販売してきました。現在、喪服用の帯を使ってバッグを試作してもらっていて、とても素敵なものが出来上がっていました。近いうちに販売できそうです。

緑ヶ丘仮設の前で、自治会長さん、しんぐるまざーず福島のみなさんと。門松の切り口が笑った顔に見えることって知ってました?私はこの年になって初めて知りました(笑)

 

 

被災地の女性支援で郡山に行って来ました!

手作り茶話会ワークショップ

できあがった作品をもって記念撮影

 エコメッセの活動の一貫として郡山の被災女性支援に行って来ました。この取組は、エコメッセ理事会と現地のしんぐるまざーずふぉーらむ、富岡町社協の連携で行っている事業です。

 仕事おこしの場になることを願いながら、お仕事の発注とまた今回のようなワークショップで被災されている女性達を元気づけられるようにと取り組んでいます。今回は「願い星」と「金魚の吊し雛」のワークショップです。作品を作り、東京から持参したお菓子を食べてお茶を飲みながら話しもはずみます。

願い星☆つくり

 午前、午後と伺った2カ所の仮設住宅内の集会所は富岡町の方々が住んでいます。富岡町(福島県双葉郡)は原発から10キロ圏内。津波の被害には遭っていませんが住むことができずに家はそのままで避難されています。
 仮設住宅の方達には比較的情報は流れるものの、市内に点在している借り上げ住宅に入られた方にはなかなか情報が行かずに孤立しているとの事。また、若い子育て中の母親は放射能のことや子ども達のことが心配でなかなか外に出てこないとのこと・・・心が痛みます。
このような取組が皆さんに少しでも元気をあげられるなら張り合いもでます。また来月も伺いますよ〜。

環境まちづくりNPO エコメッセ多摩は5周年を迎えます

私が理事をしている環境まちつくりNPOエコメッセ多摩。
リユースショップとして、聖蹟桜ヶ丘さくら通りにお店をオープンしてから5周年をむかえます。

売上金の一部を環境保全、多摩ではホタルを守る活動に使っています。

昨年から火曜日と金曜日には地場の生産者による野菜も販売!
人気です!!
生ごみ処理の「アスカマン」と「くうたくん」、多摩市の有料指定ごみ袋の取扱店もしています。

掘り出し物もたくさん!!
ぜひ、お立ち寄りくださいね!!

5周年記念講演会 
「生物多様性はなぜ必要か?」

日時:3月31日(土) 13時30分〜
場所:関戸公民館ヴィータ8階 大会議室
講師:下野綾子さん(筑波大学生命環境系 遺伝子実験センター助教)