容器包装リサイクル法の改正を求める請願

2003年12月23日、冬とは思えないほど、暖かい日の午後。生活者ネットワークのメンバーで「容器包装リサイクル法の改正を求める請願」の街頭署名活動を行いました。
師走の気ぜわしい中、足を止めて署名に応じて下さった、中年の女性。「使い捨て容器は使わないような仕組みが必要」と励まして下さった母娘孫の3人ずれ。関係ないと素通りする若者。いろんな方々と出会った日でした。
容器リサイクル法は1995年制定、97年から施行の法律です。
以前、まだ法施行前に、法律を作った30代の若い厚生省(当時)の官僚の説明を聞く会に参加したことがありました。「ごみの6割は包装容器、この法が施行されることで、ごみはぐっと減る」との話でした。『この方たち、日常生活の中でごみ出し等したことはあるのかなあ』と思いながら聞いていましたが・・・。
そして今、ごみは減らず、逆に使い捨て容器は生産が増加の一途です。「容リ法の改正を求める全国ネットワーク」の自治体調査では、その負担割合が自治体が7割、事業者が3割となって、リサイクルをすればするほど自治体財政を圧迫することがわかりました。このままでは、私たちの税金がごみやリサイクルに多く使い、福祉や教育の財源が減らされる心配が出てきます。
容リ法は来年から再来年にかけて見直し作業に入ります。現行の容リ法の問題点を明らかにし改正するため、今全国で国会に対する請願署名活動を行っています。
改正の内容は①自治体の負担となっている容器包装のリサイクル費用を事業者負担へ②循環型社会づくりに向けて、優先順序を、「ごみ減量」>「再使用」>「リサイクル」で進めデポジット制などの導入。税金の有効な使い方を進める為に、大勢の署名の力で、容器包装リサイクル法の改正を実現できればと思いながらの街頭署名活動でした。

「保谷駅南口駅広の用地先行買収の補正予算」が審査

 12月19日、土地開発公社の評議員会が開催されました。12月16日の議会での補正予算可決を受け、市からの受託事業、「保谷駅南口駅広の用地先行買収の補正予算」が審査されました。
結果は「緊急性の説明が不十分」との理由で前例なき継続審査に。会議の中では『再開発事業認可前に先行取得する緊急性を示せ』『評議員会は理事会の諮問を受けて答申をだすが、上下関係でなく並列と考えていいのか』などの質問が出されました。
それに対し理事者の答えは『地権者は生活再建のため早く売りたいとの意向がある』『形としては上下関係でない、答申が長の意思と違う場合は理事会で再検討となる』等でした。
*土地開発公社は、昭和47年に成立した「公有地の拡大の推進に関する法律」のなかに位置づけられ、自治体が土地の先行取得等を行わせるために設置できる法人で、理事会が業務を行い、評議員会はその付属機関です。西東京市の場合、理事長は収入役、評議員は10人の西東京市議会議員で構成しています。私は西東京生活者ネットから評議員として出ていますが、ネットは今回の用地先行取得は、その理由が不透明であること、来年秋の事業認可後、再開発法に沿って行なうべき等から反対しています。再審査は2004年1月を予定しています。

もう一つの資源〜菜の花の苗を植えました

 先日、霧雨の中、菜の花エコプロジェクトのメンバーとポットで芽を出した、菜の花の苗を畑(農家の方から借りました)に移植しました。
 菜の花エコプロジェクトとは、菜の花を中心に循環の輪をつくり、地球への負荷を軽くする実践の場として、滋賀県の環境生協が提唱し、今では全国で約50団体が実践しています。菜の花は食用として菜の花料理に、種は食用油に、絞ったカスは肥料にして土に返す。また、廃油はBDF(バイオディーゼル燃料)として車の燃料に。西東京市でも、一面の菜の花を鑑賞し、食べて…と楽しみながら、原発や化石燃料に頼らないもう一つの資源づくりができたら…。来年春は、畑を黄色でうめつくしますように!

田無東大農場で“アースデーイン西東京”開催(9月27日)

秋分の日の午後、田無駅前で“アースデーイン西東京”の実行委員のメンバーとアースデー開催(9月27日(土)10時〜16時、東大農場にて)のお知らせのチラシをまきました。
 新市になって初めてのアースデーの開催地をなぜ東大農場でやるのでしょう。それには深いワケがあります。東大農場の移転が決まったからです。旧田無の時代から70年。まちの貴重な自然の宝庫として、市民にうるおいある緑地空間を提供してきました。面積22ha、民間団体の調査では、植物種は約1000種、野生生物も30種強生存していると言われています。
 そういえば、数年前大雪が降った時、自然保護団体の仲間とタヌキの足跡を見に行ったことがあります。親子の足跡をつけて行くと、タヌキのトイレに行き当たりました。何でもタヌキのコミュニティの場はトイレだとか。ここでどんな話をしているのだろうねと仲間同士で盛り上がり、タヌキだけでなく、人間のコミュニティの場になったことがあります。
 もし、東大農場移転を機にこの地が民間のデベロッパーに売却されると、西東京のまちの環境は一挙に悪化します。多くの市民の皆さんと東大農場を緑地空間として残すための知恵を出し合えればと思います。
 当日、生活者ネットワークでは「菜の花エコ・プロジェクト」の展示をいたします。秋のひととき、豊かな自然を満喫しに東大農場に足を運んでみませんか?
 ※菜の花エコ・プロジェクトとは…エコタウン、循環型社会をつくる一つの象徴として菜の花を植え、食用油を絞り、使い終わった廃油で石けんを作ったり、車の燃料にするという実践を進めるプロジェクト。

地域と親子つながる育成会夏まつり

2003年8月23日
校区の青少年育成会主催の夏まつりがあり、私もメンバーの一人として参加しました。当日はこの夏一番の暑さ。子どもの実行委員は無論、子ども実行委員を手伝う保護者、そして民生委員や老人会、学校関係者も汗だくの1日でした。
綿アメ、かき氷、フリーマーケット、手品コーナー。地元の文化団体の和太鼓の演奏は迫力があり、元気づけになりました。子ども達が企画した”おばけ屋敷”は大変な人気のようでした。
PTAのコーナーでは、上向台小学校に通う補聴器をつけた聴覚障がい児のために、机と椅子の足に使い終えたテニスボールを切ってはめ込む作業をしていました。(動かす時の雑音を和らげる為)ボール切りの手伝いをしてくれた人には、お礼に地域通貨を提供していたのは大変興味深いものでした。
私は民生委員の方と麦茶コーナーを担当。猛暑のせいでこちらも大人気でした。水筒持参の親子もいて、メンバーとの雑談の中で、来年は紙コップは有料、水筒持参を広げたいねと話しました。地域、親子のコミュニティも広がり、汗とともに体内にあった様々なオリも外に排出し、快い1日でした。この日の為に、準備を進めてきた子ども達そして大人達、お疲れ様でした。(市議会議員・渡辺かつ子)

正しい戦争なんてないと痛感

2003年7月20日、市民団体が毎年行っている「この子たちの夏」の朗読劇を鑑賞しました。
広島、長崎で被爆した子どもたち、その母たちの詩は、当時の惨状を伝え、幼いまま未来を絶たれた子どもの無念さ、後遺症で苦しみ抜く中での母子の愛が胸に迫ります。忘れてはいけないことのひとつだと改めて感じました。60年前の日本の子どもたちと今イラクの子どもたちがおかれている状況も同です。アメリカの劣化ウラン弾で放射能による重い後遺症に苦しんでいるという。国家による殺人は許されていいのだろうか?と改めて思った一日だった。只今参議院では、「イラク特別措置法案」の審議中・・・・・
(市議会議員・渡辺かつ子)

文教委員会視察  松任市-学校図書館司書など、金沢市-子ども科学財団など

2003年7月8〜9日、石川県の2つの市に視察に行きました
1:松任市は、①学校図書館司書の全校配置 ②小学校1年生の少人数学級実施 ③二学期制の実情を学びました。司書全校配置のきっかけは、1996(H8)年、市長の市民の声を聞く会のなかで学校図書館の充実を求める要望があり検討をはじめた事からです。1998(H10)年に全校配置したことで、毎日図書館が開館しているため、子どもたちが気軽に利用出来るようになり、自ら進んで調べ学習する場として定着してきたとの事でした。特に印象的だったのは、司書も職員会議に参加し、図書館利用計画に従って、司書教諭と学校図書館司書が連携して進めていることでした。
現在西東京市は、2校に一人の学校図書館司書が配置されてますが、学校図書館を学習や情報センターとして機能させるには、全校配置が必要と改めて感じました。2:金沢市は、①スクールフォーラム21の開催 ②子ども科学財団の見学
教育の市民参加のひとつとして、各小、中学校区ごとに保護者、地域住民、先生、教育委員会関係者が教育などについて話し合い、協議する制度です。年2〜3回、地域差はありますが、テーマによっては子ども参加もあるとのこと。また理科離れが心配される中で、実験を通して科学の不思議さ、おもしろさを子どもが実感している科学財団の実践は、大人の私たちも興味深いものでした。ここにくる子どもの目はきらきらしているとの事でしたが地元の大学との連携が大きい力になっていました。
西東京市は6月に総合計画中間まとめへのパブリックコメントを行いましたが、生活者ネットでは教育の市民参加を進めるため「校区ごとの教育懇談会」の提案をしています。
(市議会議員・渡辺かつ子)