12/20福島原発かながわ訴訟 第1回控訴審&報告集会

12/20福島原発かながわ訴訟
第1回控訴審&報告集会

◆第1回控訴審
日時:12月20日(金)13:00集合(14:00開廷)
場所:東京高等裁判所(霞が関駅)

13:00~13:30 裁判所前集会
13:30 傍聴抽選しめきり(見込み)
14:00~16:00 東京高裁101号法廷で意見陳述
(村田原告団長、弁護団、国及び東電)

 

◆報告集会
同日16:30~17:30
場所:衆議院第二議員会館1F多目的会議室(国会議事堂前駅、永田町駅)

 

よびかけ:福島原発かながわ訴訟を支援する会(ふくかな)
こちら

かながわ訴訟原告団は東京高裁で、もう一度闘います!
皆さま、東京高裁(霞が関)へ応援に来てください!

今年の2月20日、福島原発かながわ訴訟に横浜地裁で判決が出ました。

原告や弁護団の頑張りと、皆さんのご支援で、横浜地裁判決は一歩進んだ判決だと言われています。

確かに国・東電の法的な責任は認めました。

しかし、賠償金額はあまりに低く、被害の実態に見合っていません。

被害の過小評価は、事故があっても稼げる原発政策に道を開くもので、断じて許されるものではありません。

判決はさらに、低線量被ばくの健康リスクを無視しました。

これは、これからの核施設の運営のあり方、ひいては神奈川に住む私たちにも直接、影響することです。

原発を推進してきた国・東電の重大な責任を追及して、被災者や子や孫、世界中の人々のためにも、もう一度闘い続ける決意をした原告のみなさんを、東京高裁の傍聴席を満席にして応援しましょう。