9.26シンポジウム それでも異議あり、新国立競技場―――戦後最大の愚挙を考える

それでも異議あり、新国立競技場―――戦後最大の愚挙を考える

昨年10月、新国立競技場計画について市民の立場から発言しようと「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」を結成し、勉強会、署名活動、外苑ウォーク、各関係機関への要望書提出、IOCとの面会等、さまざまな活動を続けてきました。しかしながら、JSCは国民の声を聞こうとせず、9月29日から解体に着手すると発表しました。抗議の気持ちを込めて、解体前としては最後となるであろう、シンポジウムを開催します。9月23日には景観学会で、10月1日には建築学会でこの問題が取り上げられますが、私たちはあくまで広く、市民・住民として共に考えていきたいと思います。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

日時 9月26日(金)午後6時半

場所 日本青年館3階 国際ホール

   東京都新宿区霞ヶ丘町7番1号 マップ

要申込 定員200名  参加費1000円

▼お申込みはコチラから

▼お問合せは info@2020-tokyo.sakura.ne.jp

主催:神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

チラシ   

内容

【神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会】解体抗議声明

【第一部】引き返す勇気をJSCはもてなかった――成熟社会にほど遠い日本

「手わたす会」の目的と活動/神宮外苑の歴史と景観/まるでおかしなコンクール 規制はずし/改修という希望 いくつかの案から/ザハ案の問題点 有害な有蓋施設か、つつましい無蓋か/久米設計案はなぜ隠されてきたか/建築家のモラルと責任 安藤さん内藤さんにいいたい/誰がコストを払うのか/省庁と議会をまわって感じたこと/本当の狙いは神宮外苑開発?

【第二部】オリンピック後へ向けて――次世代にツケをまわさないために

オリンピック海外事情、ブラジル、平昌などから/アジェンダ21と近代オリンピックの終焉/都市計画制度と国の事業手続きの法的問題/これからが本番だ/霞ヶ丘アパートに住み続けたい/霞ヶ丘アンケート調査結果/近隣マンション住民は怒っている/公共スポーツ施設の基本/競技場敷地の歴史と文化財調査/まともな環境アセスをどうさせるか/50日しか利用されない沈黙の土木構造物でなく、365日稼働の国際子供スポーツセンター併設に

【神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会】決意声明  我々は決してあきらめない